メイド喫茶に行ってきた

昨日は会社の後、上司とお客さんと秋葉原メイド喫茶へ。ちなみに僕以外は45歳のおじさん達。お客さんといっても仲良くさせていただいてる人たち。まあどう考えてもメイドに興味があるわけではないですが、飲み屋で盛り上がって行く事に。社会勉強ですはい。おじさん4人で社会勉強。

しかし・・・なんで秋葉原にはあんなに人がいるんだ!?すごい人!!ビジュアル系の人とかもいたよ。そして全然どこにメイド喫茶があるのかわからなくてうろうろ。メイド難民。何件かは人が並んでいる店はあったのだけど、並ぶのは嫌だったので、結局なんだかわからんけどメイド喫茶と看板に書いてある店へ。

「お帰りなさいませ、ご主人様!!」本当に言ってる!!女の子は・・・思ったより気持ち悪くない。普通の女の子。かわいい・・・といえばかわいいか。しかし・・・お客さんが濃いです。奥にはずーっと格闘ゲームをしてる太った赤いトレーナーの人がいます。あっ!!すだれ髪の人が帰りながら投げキッスしてます!!しかも行ってきまーす!!って言いながら帰ってます。そうか、ここは自宅なんだ。そうか、それでお帰りなさいませか。隣には田舎から出てきた二人組の男の子。ずっとメイドを呼ぶベルを鳴らすか悩んでます(メイドはベルで呼ぶのです)。ずっとYOU TUBEでビジュアル系のビデオを見ている人もいます。そして女の子もいます。ここはジュースは飲み放題。お菓子は食べ放題。漫画もPCもあり。

あの・・・・これはメイドさんの格好をした店員さんのいる漫画喫茶ととらえていいんでしょうか・・・?

はっきり言います。何が面白いのかまったくわかりません。常連さんがメイドさんと楽しそうに話す時もありますが、別に隣に座るわけでもなく。うーむ・・・。まったくわからん。

浮いてるおじさん4人組は結局30分ほどで店を出て、外に飲みに行ったのですが、金曜日の秋葉原はどこも空いてません・・・。もう秋葉原には行かないと決めたのでした。アンチ秋葉原宣言。

今日は1曲作詞を完成させて、1曲作曲もほぼ完成。明日歌入れとキーボードをちょっと足したら終わり。そして月曜日までに2曲の歌詞を作らねばいけないので今からまた作業。明日はゴーイング・アンダー・グラウンドのゼップライブにも行くので、その前までに作詞ももう1曲かな。分刻みはまだまだ続く。セカンドライフミュージシャンは忙しいのだ。