ワカバワンマンライブ

昨日はライブ後の気だるい体調の中(声はかすれて、咳まだちょっと・・)、家のすぐ近くで行われたワカバというアーティストのライブの行って来ました。

実は彼ら、2/4に『星の降る街/君が零れ落ちた夜』という両A面シングルを発売(配信は1/7から)するのですが、僕がこの2曲のプロデュースをやってます。けっこう前から関わってて、リリースまでは時間がかかりました。今回話をもらった経緯は、僕の元ディレクターで今は秦基博君や山崎まさよしさんを手がけているフリーディレクターのTさん(昔はスガシカオさんやCOOL DRIVE MAKERSもやってました)から話があり、一緒にプロデュースをやってくれないか?という話でした。ただ通常のアレンジャー仕事な感じのプロデュースではなく、これからの方向性もじっくり話合った上で曲を作っていく地道な作業。彼らが作った曲を何曲も聴いて、何回も話し合い、曲作りを進めて行きました。

今回2曲とも歌詞をボクが書いていますが、これは所謂大人がやってきて、こんな歌詞じゃだめだ!!俺が書く!!っていうものではありません。前の歌詞では伝わりにくいのでは?と話し合い、彼らもそこに気がつき、こういうテーマがどうだろう?と喧々諤々の話合いを繰り返し、ボクも歌詞を書き、彼らも歌詞を書き、それをつき合わせてまた考える。そんな時間のかかる作業で作り上げてます。よくメンバーからも電話もかかってきて、ここはどうだろう?という話がきたり。今回の歌詞にはボクが作詞家として繰り返してきた仕事の成果がでているし、人として過ごしてきた人生の成果がでています。自分でもお気に入りの曲になりました。

そして少しワカバの人間性に触れておきたいんだけど、たぶん彼らは今まであったミュージシャンの中で一番まっすぐで、一番汚れていない人達じゃないかな。介護の仕事を志し、その学校で出会ったというエピソードからも垣間見える、人の良さ。それが曲に出てて、なんか暖かくなれる。それが魅力だと思うなぁ。どうしてそんなに人を信じれるんだ?ってくらい。レコーディングに参加したメンバーもみんなワカバの清々しさ、まっすぐさに感嘆の声をあげてました。特筆すべきはお客さんも老人に席を譲りそうな人大集合なところ(笑)なんかすごい。

もちろん人が良ければいい曲になるわけじゃないけど、ジョン・レノンを筆頭に音楽に人間力が表れて、それが曲の魅力になっていくっていう形があると思うんですよ。そういうものなんじゃないかなぁ?彼らは。所謂ミュージシャン堅気の人はあんまり認めたくないだろうけど、そういう人の魅力の音楽ってあると思うんだよね。

音楽性はメインストリームポップ。ライブは衝撃。自分の見てきたオルタナ志向のライブとは正反対。純粋にエンターテイメント。ある意味アイドルにも繋がるくらい。でも特筆すべきはステージ上で見られる彼らのキャラクター、人間性はステージを降りても何も変わらないこと。ワカバとしてではなく、そのままの若者としてステージに立ってエンターテイメントになる。なんか新しいのかもしれないなぁ、これなんて思ったり。

はっきり言って僕みたいなオルタナ音楽を聴いてきた人がプロデュースをやっていいのか疑問ではあるけど、彼らを曲げるプロデューサーよりはいいのかな?と自分では納得してます。ワカバ好きだし。

みんなにワカバの曲が広がってくれればいいなぁと思ってます。まあ興味がある人はぜひ聴いてみてください。ギターノイズも、変なコードチェンジもないですけど、僕のセンスを加味したワカバサウンドが完成しています。

あ、あとルックスもいいぞ。ポップではこれ大事(笑)俺もあんな顔に生まれてれば・・。

ワカバホームページ
http://www.wakaba123.com/top.html


エガワヒロシライブ情報

12/25(木) 渋谷HOME
[yura&朱灯 presents -Melody Stuart Masterson-]
open/start 18:30/19:00 adv/door 2000yen/2300yen(+1D)
live: SUZUKI BED MUSIC, エガワヒロシ, yura(澁谷潤/tron+山中勇哉/Star Bell Plus)
candle: 朱灯

クリスマスライブになります。みんなでクリスマスパーティーしようよ!!

そして次回フワリカはこちら!!

2009/1/16(Fri)高円寺HIGH
エガワヒロシpresentsフワリカ!!part9〜MAGICAL SOUND SCAPE〜」
open/start 18:30/19:00 adv/door 3000yen/3500yen(+1D)
出演:エガワヒロシ岩瀬敬吾/CAUCUS

出演者が豪華!!オルタナの新鋭CAUCUSと元19の岩瀬敬吾君登場!!見逃しちゃだめだ!!