強欲な僕のブルース

僕は幸せな人間だと思う。特に家族には本当に恵まれてる。両親からの愛情を一度も疑うことなく育ち、兄弟との仲も良く、だからといってベタベタしない関係をずーっと保ってる。亭主関白の父親に肝っ玉母さん、気の強い姉ちゃんに気の弱い兄ちゃん。そんなテレビドラマみたいな家族に育って、それが普通だと思ったけど、世界はもっと複雑なことは大人になって知った。

そして今は目をつむっていても、言葉を交わさなくても、遠い場所にいても愛情が手に取るようにはっきりわかる嫁がいて、その嫁との間に子供までできてる。来月には立派な家族だ。そして仕事もちゃんとあって、気の合う友達もたくさんいて、バンドメンバーにも恵まれて。これを幸せと言わずに何を幸せと言うんだ。

でも、それでも何ともいえないぽっかりとした穴が僕にはある。それは音楽でしか埋められない。いや実は音楽自体がその穴を開けているのかもしれない。そしてその穴を埋めるためにまた音楽が必要になり、音楽から離れられないでいる。きっと、そう、きっと幸せなだけでは満足できない僕が、音楽を必要としているのだ。

幸せな上にまた一つ、もうひとつ何かを欲しがっている。足りない何かが、わからない何かが。強欲な僕のブルースが体の中で蠢いている。

僕のデビュー曲は「SING MY SONG〜強欲な僕のブルース〜」という曲。そうだ、僕はこんな気持ちを歌ってデビューしたんだった。そしてこんなブルーズを体に、心に持つ者だけが、音楽を続けていくんだと思う。今でも自分で何を歌っているのかはっきりわからないけれど、今までで一番自分を表現できたと思った曲です。


「SING MY SONG 〜強欲な僕のブルース〜」

足りない何かが わからない何かが 
くだらない なさけない 時はめぐり
めぐってまた戻る
笑顔はチャーミングな 素顔は残忍な
放さない 返さない 何もかもを
ただそうしたいだけさ

弦のないギターをかき鳴らして 気持ちだけのパンクロックさ
僕は僕で君は誰なのさ

行き止まり 立ち止まり 何度も繰り返す
いつも通り あふれかえり アブラハムの歌
ちゃちなストーリー 空回り それでも歩き出す
山登り 川下り 僕は僕を行く

はかない命の しがない僕らが
ゆずらない わたさない 何もかもを
強欲な僕のブルース

泣き虫なフレディ 僕を見てなよ
銀色のサキソフォン好きなだけ吹き鳴らせばいい

行き止まり 立ち止まり 何度も繰り返す
いつも通り あふれかえり アブラハムの歌
ちゃちなストーリー 空回り それでも歩き出す
山登り 川下り 僕は僕を行く

はかない命の しがない僕らが
ゆずらない わたさない 何もかもを
強欲な僕のブルース

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在形のブルースは次のフワリカで。

1/22(FRI)高円寺HIGH
http://www.koenji-high.com/
エガワヒロシpresentsフワリカ!!PART14〜STRANGE POP COLLECTION〜
OPEN 18:30 START 19:00 前売り 2,000円 当日 2,500円
出演者:エガワヒロシ/QUBE/杉本清隆ROUND TABLE