子育てについて

昨日は会社の上司やお客さんと新年会。まあお客さんと言っても普段からプライベートでお世話になってる人なので、何も気を使わなくて良いメンバー。そして僕は完全に年下。1本1万6千円の焼酎を飲む!!飲む!!なくなったので今度は安い焼酎を飲む!!そしてベロベロで帰宅です。ユウスケ君から誘われてたアントワープも行けず。ごめんなさい。

そして本日は軽い二日酔い(焼酎だと軽くてワインだとくそ重い)を抱えながら保育園の見学。うちの近くには2つ認可保育園があるので、その見学。どちらも説明してくれた人や、働いてる保育士さんの感じが良く、子供のことを考えてそれぞれの施設にあわせてアイデアを出してやってる印象。ここだったら安心して預けられそうだ。

保育士さんの言葉で印象的だったのが、「わがままな子っていうのはいっぱいいますが、子供がわがままじゃなかったら、そっちの方が心配になります」という言葉。そう、人はわがまま言ったり、わけのわからないことをして、怒られたり、怪我したりして成長していくんだと思うんだよね。子供が聞き分け良すぎるのはやっぱりおかしい。それは親が流れ出るものをせき止めてしまってるだけで、そのうち爆発すると思うんだわ。そしてそれを理解してくれてる保育士さんは頼もしい。

小さいときから子供を預けることに否定的な人はたくさんいて、その気持ちもわかるけれども、僕は小さいときからある程度のストレスは必要かと思ってます。家でお母さんやお父さんとしか接しないで、小さなサークルの中で育っていくよりも、保育園のような社会に放り出した方が有益なんじゃないかな。それが保育園を見学してからの僕ら夫婦の見解。昔のように地域の繋がりがあったり、大家族だったりしたら必要ないのかもしれないけどね。自分を知るには他者を知ることでしょう。

子供に対して一番必要なのは、そんなに難しいことではなくて、親が楽しく生活してることだと思ってます。未来はこんなに良いものだ、と見せてあげること。そしてさらに夫婦が仲良くしてれば、他人同士がうまくやっているところを見せてあげれば、人を信じることの出来る子になるんじゃないかなぁ?

ま、そんな偉そうなこと言える人じゃないですが、我が家も頭を親モードにしなくては。明日は部屋の模様替えに専念して、子供を受け入れる体制を整えます。そのために今日は掃除機買ってきた。前のが壊れてから3ヶ月。ずっと掃除機かけてなかった・・・。


我が家から見えた2009年最後の風景。うちの子は今年どんな風景を見るんでしょうか?