DQSライブ!!〜ドラム9台!!〜

昨日はこれに行ってきました!!

『Que人のドラム侍vol.1 』
2/8(mon)@下北沢CLUB Que

出演:DQS(ドラムクイックサービス)
Dr1: 溝渕ケンイチロウ(ザ・カスタネッツ、Qube)
Dr2:山口幸彦(ハックルベリーフィン
Dr3:立井幹也(lala sputnik)
Dr4:高橋浩司(HARISS、ex.PEALOUT
Dr5:丸尾和正(Clingon
Dr6:みん(MALCO
Dr7:ヤマザキタケシ(メレンゲ
Dr8:小関哲郎(about tess
Dr9:大坪徹志(hare-brained unity
Guitar:藤田顕PLECTRUM
Bass:平田博信(Swinging Popsicle
Key:堀越和子(GOMES THE HITMAN

ゲストボーカル:岩瀬敬吾
藤島美音子(Swinging Popsicle)、
宗ひろし(MALCO)、牧野 元(ザ・カスタネッツ

なんなんだこの豪華さ!!しかし楽しかったー。大人の本気の悪ふざけですよ。そんなにドラムいらんだろうが!!っていう突っ込みも含めた楽しさ!!

けどこれがドラムが9台いるから面白いんだな。複雑なリズムを繰り広げたり、みんなで同じリズムをくどいくらい叩いたり、新しい世界が目の前に。打ち上げで平田君ともしゃべったんだけど、実験的なのにポップなのがいいよね。ビートルズに僕らが見させてもらったポップな実験音楽の世界。

それでいて、テクニカルなひけらかしが一切ないのがいい。みんな自己主張はするタイプなのに、9人がひとつのイキモノみたいで。これはきっとケンイチロウさんを中心に、みんなで心をひとつにした結果じゃないかな。そう、9人のドラマーが音を楽しんでいる姿がステージ上にはっきり立ち昇ってくる。仲間ってこういうことだな!!みたいな。

のだめの映画で「友達を作るために音楽やってるんじゃない」ってセリフがあったみたいだけど、もちろん友達作りがメインではないだろうけど、こうやって仲間ができていくのって音楽の素晴らしいところ。仲間同士で音楽やっているのって、甘えじゃなくて、精神的に繋がっている人達の音楽って心にくるよ。

僕は友達(自分の音楽に感動してくれる人も含めて)を作るために音楽やってるのかもしれない。それで音楽に妥協することがなかれば、その方がいいな。そうやって音楽作っていきたいな。

そんな音楽人生を歩むボクの子供の予定日まであと4日!!なんかたくさん暴れまわってるみたいで、嫁がもだえています。