日本代表持論

僕の代表戦を見る時のテーマはあの日から決まってしまった。それは2002年のトルコ戦。僕は仙台のスタジアムで冷たい雨に打たれながら、劣勢の状況なのにひとつもパンチを繰り出せない、ファイティングポーズさえ取れない、おかしなボクサーのような代表にショックを受けた。勝ち負けよりも大事なものがそこにあることを知ったのはあの瞬間だった。

W杯に対して、チャンピオンズリーグよりレベルが低いから面白くないと言う人や、Jリーグなんてプレミアやリーガ見ちゃったら見れないよという人は、サッカーのなんたるかをまったくわかってない。はっきり言おう、サッカーの知識が上級な玄人のような顔してるが、サッカー観戦の素人でしかない。勘違い野郎も甚だしい。サッカーの面白さはプレイレベルが決めるのではない。その選手の必死さや、見ているこちら側の思い入れが決めるのだ。その点で言えば、世界最高レベルの選手を揃えた消化試合よりも、4部リーグの昇格を賭けた試合の方が楽しめるし、世界最高レベルの試合よりも、地元のチームの優勝を決める試合の方が楽しめるのだ。もしかしたら必死な自分の子供の試合の方が楽しめるかもしれない。

じゃあ僕は代表に何を求めているのか。それは2006年のW杯の後の日記にも書いたもの。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=161490504&owner_id=699818

とにもかくにもがむしゃらに強豪国に向かっていく姿。絶対に負けないんだという気持ち。見ている僕らの心を動かすファイトだ。攻撃的じゃなくても、華麗なパスワークじゃなくてもいいんだ。その心を動かす気持ちが見たいんだ。

そして今回の代表は、僕のその気持ちをクリアしてくれた。試合内容は面白いもんじゃない。カメルーン戦なんて日本以外の国にとっては凡戦以外の何ものでもない。オシムが目指した理想にもまったく届かないものだった。でも監督の岡ちゃんのサッカーってこんなんだよね。良くも悪くも岡ちゃんが輝くのは、泥臭い、でも諦めないサッカー。監督を岡ちゃんにした時点でこれは受け入れなきゃいけなかったんだ。着飾ったサッカーで勝てるほどW杯は甘くない。でも、だからこそ、オランダとの試合でも最後まで降伏した姿は見せなかった。パラグアイ戦も最後まで勝利を求めて走る姿が見れた。あの華麗なプレーの松井がギリギリまで頑張る姿、長谷部が全てを投げ出してファイトする姿、鬼の形相の中澤、すべての選手が僕の心の及第点を越えていた。これに関しては岡ちゃんの貢献も認めていいんじないだろうか?サッカーの内容ではないのかもしれないけど。

とにもかくにも、失意のトルコ戦からついに我らが日本代表は脱皮した。これでW杯に望むベースが出来たのだ。ここからサッカーの質は上げていけばいい。僕はスタートラインに立てたことがうれしく思う。これが世界へのスタートラインだ。98年のフランスで仲間に入れてもらった僕らの国は、やっと対戦相手として認められる国になったんだ。今はそれを素直に喜びたい。選手にもお疲れ様と言いたい。今回の検証はそれからでもいい。

最後に、朝日新聞に載っていた馳星周の書いた記事が気に入らないので反論しておく。彼はあのトルコ戦から今回の代表は何も変わってないと書いてた。いつでもなんでも批判することで、センセーショナリズムを掲げて目立とうとする卑しい切り口だ。批判すべきはもっと別にあるだろう?サッカーの質でもいい、オシムのサッカーの継承を掲げて岡ちゃんを監督に選んだ日本サッカー協会の幼稚さでもいい。でも今回の選手をトルコ戦の代表と同じ土俵に上げるのだけは許さない。お前は何を見てるんだ?ヨーロッパを渡り歩いてるから、目が肥えてるとでも言いたいのか?今回の代表の評価すべき「気持ち」の部分、そこを適当な切り口で批判するのは許せない。日本人みんなが感動をありがとうモードになってる気持ち悪さはわかる。でも意味のない批判、何も生まないネガティビティはそもそも効率が悪い、日本サッカーを強くしたいなら、批判すべきはそこじゃない。

久しぶりに苛立ったので、ここにその気持ちも記しておきます。

さて、日本人としてのW杯は終わってしまった。でもサッカーファンとしてのW杯はまだまだ続く。いやこれからが本番!!知ってる?一番面白い試合は準々決勝にあるんだよ!!

TWITTERで試合最中につぶやいております。
http://twitter.com/egawahiroshi

そして、7/3の明日の夜は、USTREAMで生中継!!なんと!!復活DARADARADIO!!ヨシノザワとアリーサの3人でアルゼンチンVSドイツを喋りまくります!!さあみんなでフェスタを楽しもう!!詳細は当日に!!まだUSTREAMのやり方わかんないし!!(笑)