真夜中のカーボーイ

どうにもPCの増設用メモリーが届かないことには何もできないので、昨日はお休み!と決めて映画を見てきました。早稲田松竹にてイージーライダーと真夜中のカウボーイのアメリカンニューシネマ二本立て。

イージーライダーのドラッキーさに軽い眩暈が・・・。いやあロードムービーの金字塔とされてますけど、俺つらかったなぁ。音楽はかっこよかったけど。ただジャックニコルソンが出てる間はなんか見れたな。俳優の存在感って!でもデニスホッパーはチャーミングだね。

そして真夜中のカウボーイは最高だった!!華やかな街、そしてその裏側のストリートの現実、田舎者の夢、優しさと弱さ、すべてをわしづかみにして映しながら、でも心は丁寧に描写されていく。フロリダにこだわったリコ、しかし辿り着けなかったリコ、最後まで優しさを捨てなかったジョー、そんなジョーが夢破れてブーツを捨てる瞬間。すべてがリアルで美しかった。しかも悲しみばかりを押し付けるのではなく、日常の一部であり、過剰な涙もなしの平熱な演出。映画の持ってる体温が絶妙。いや本当に素晴らしい映画。映画っていいなぁ。

夜はライブのリハ。真夜中のカウボーイモードで音楽を奏でる。僕はもうだいぶ前にブーツは捨ててしまっていると思う。でも違う何かを手にして前に進んでいる。諦めや、後退や、いじけた感情ではなく、清々しく捨てたブーツ。その先の音楽。僕らみたいな音楽家は言わば敗者。でもそこから生まれる音楽はある。

みんなを一緒にしたら怒られるかもしれないけど、そんな音楽が人生な人たち、音楽が人生でなければならない人たちのイベントです。ぜひ遊びに来てください。


3月22日(金)高円寺HIGH
エガワヒロシPRESENTSフワリカ!!PART26
〜LIFE IS MUSIC〜
出演:エガワヒロシ/DUTCH TRAINING/THIRTY THREE AND ONE THIRD/POLTA



たおはまだブーツを履いて走れ!