自信の源

もてたい。今だってもてたい。別に女にもててあれこれしたいとかじゃなく、とにかくもてたい。いわば魅力がある男になりたい。

そんなのはみんな思っている。どうすればいい?どうすれば魅力出る?それは当たり前の話。自信がある人は魅力的。モテる。

顔がいいとか、そんなのは20代前半くらいまで。特に女の子は精神的に男より成熟が早いので、内面を見るようになるのが早い。不細工だったサッカー選手が結果を出すたびにかっこよくなっていく。かっこよくなくてもかっこよく見えてくる。

じゃあ自信を得るには?結果を出さなきゃいけない。結果を出した自分を感じて初めて自信を得る。

じゃあ結果を得るには?簡単。たくさん失敗して、たくさんチャレンジして、結果を掴み取るしかない。まれにすぐ結果を得ることで自信を得る人はいるが、その自信はもろい。たくさん失敗。これポイント。

結果って何?それは人それぞれ。とにかく人にこれができた、これに打ち勝った、これを成し遂げたと胸を張って言えること。そうであればなんでもいい。

僕の自信の源。それは音楽。僕の音楽を聴いて楽しそうにしている人の笑顔。それは家族の笑顔。幸せそうな顔。僕がそれを成し遂げているんだと思える顔。そして僕は前に進むことができる。

この顔さえ見ていれば僕が自信をもつのもわかるでしょ?



でも、僕はそんなにもてない。あれ?


モテない男のモテる話。あまりにいい写真が撮れたのでくだらない文章を書いてみました。