レビュー:「Reflektor」/Arcade Fire

アーケイドファイアのグラミー受賞後の4枚目。今回はLCDサウンドシステムのジェームスマーフィープロデュースなので、ダンスミュージック色がとても強い。アーケイドファイアにダンスなんて葬儀でダンスみたいでなんとも言えないんだけど、意外に違和感なく。まあただ今までの最高傑作かと言われたら首をひねります。アーケイドファイアのダイナミックなクラシカルポップという側面は少し薄れたかな。ただ、大成功の後にこうやっって攻めて行く姿勢が潔い。たぶんこのアルバムのことだけじゃなく、将来も見据えた復権なんだろうなぁ。音楽がルーチンにならない志の高いアート集団。この一歩がさらに偉大なバンドになる証拠。いやいいバンドだ。