ワールドカップ総括

64試合中60試合も見たのに、決勝戦は時間を間違えて後半以降しか見られなかった僕が(涙)ワールドカップを総括しますよ。

ドイツ優勝。これはまさに実力通り。こんなに実力通りの結果が出るワールドカップがあっただろうか?ドイツの勤勉と用意周到さ、そして伝統に裏付けられたメンタル。もうすべてのドイツらしさが見事に発揮された大会。ドイツ優勝に文句がある人はいるのかな?そのくらいドイツの良さが目立った大会。

その決勝戦の相手のアルゼンチンはメッシシステムで対抗してきたが、ワールドカップは、もう1人のスターの閃きで優勝できる大会ではなくなっていた。そういえば最後にスターによって優勝がもたらされたのは2002年のロナウドリバウドか。98年はジダン、94年はロマーリオ、90年はマテウス(ちょっと疑問はあるが・・)、86年はマラドーナ・・・。2006年のスターはリッピ監督だったし、2010年はスペインのパスサッカーが主役だった。そう、チームが主役でなければ勝ち抜けない大会になったのだ。アルゼンチンには勝ち目がなかった。それを超えるくらいメッシは凄いんじゃないかと思ってたけど、あんなてれてれ歩くメッシじゃだめだったね。

オランダはこのチーム戦を挑み、しかもケーキの最後のイチゴとしてロッペンがいた(イチゴって顔じゃないけど笑)。他にもチリ、コロンビア、コスタリカアメリカなど、チーム戦を貫いたチームは上位に進出した。反面、ネイマール頼みのスターシステムそのものなブラジルは見事に粉砕され、ワールドカップの歴史に残る汚点を残した。もう永遠に南米諸国にバカにされ続けるだろうね。7点食らう気持ちはどうだい?って。

そしてこの大会が導き出した答えは簡単。パスは大事、でもそれを奪う球際の強さはもっと大事。ボールを奪えないチームにはボールは渡らない。そんな当たり前のこと。パスサッカーの権化、バルセロナだって絶好調の時は球際が強かった。日本のパスサッカーはこの前提をすっ飛ばしていたんだな。

さらにはドリブルの即効性。チームで戦う場合、ドリブルで一人かわせば優位に立てる。ドリブラーがこんなに目立った大会も珍しいよね。結局1対1が基本なんだね。

あとは南米の大会は特にだけどコンディション調整が大事ってこと。最後まで走れなければ戦えない。その為には用意周到な準備が大事。日本は試合会場が決まる前に合宿地を決めてた。ドイツは希望する合宿地がなかったので作っちゃった!この準備の力の入れようの違い!日本はコンディション調整得意だと思ってたんだけど、やっぱり今回は失敗したみたいだね。色々記事を読むと。ノウハウの蓄積は協会の責任!

そして気候を踏まえた戦略も。守ってカウンターが悪いなんて誰が決めた?最後まで走れないなら引くのも大事だった。まあチリは前に出て成功してたから、どっちかにしっかり決めないとだめってことだね。中途半端は一番ダメ。そして局面での判断はもっと大事。結局どっちもできないとだめってことでね。そんな答えずるいけど。自分のサッカーだけではだめだったんだな。まあ今回は自分のサッカーも出来なかったんだけどね。走れなかったから。

これからしばらくはドイツの時代になるのかなぁ?あの若いチームが自信を持ったんだから。まあ次のユーロで何が起こるか?スペインの巻き返し、イタリアとイングランドの若返りに期待かな。オランダはロッペン後はちょっと考えられない、ポルトガルも。ベルギーがどこまで行けるかだな。

最後にベストイレブン。キーパーは文句なしノイアー。オチョア、ナバス、ハワードの3人には相当試合を面白くしてもらったので入れたかったけどノイアーにはかなわない。

センターバックはチリのメデルが一番エモかった。あんなに感動的なセンターバックはいない。身長172?って!あとはチアゴシウバ。やっぱりこの人は世界一。

サイドバックが迷う。ラームは入れたい。途中まで中盤の底で大活躍だったけど、やっぱりサイドバックが似合う。もう一人がなぁ。ベルギーのフェルトゲンかアルゼンチンのロホだけど。ロホの活躍は予想外だったのでロホを推します。

中盤の底はマスチェラーノとクロースの鉄板。他は考えられません。マスチェラーノの魂の守備は心を揺さぶった。クロースはマジで上手い!この人評価低すぎるよね。レアル行ったら大化けするかもね。

トップ下はハメス以外なし。今回一番の若きスター。この輝きを超えるような活躍を期待したい。

ウイングは右にロッペン、左にディマリアを。ロッペンの活躍は満点でしょ。ロッペンは今までここ一番でだめな選手だったけど。もうこの大会で完全に評価がひとつ上がった。歴史的な選手になったね。ディマリアは決勝の不在がさらに存在の大きさをクローズアップした。あそこにいてくれたら・・。メッシが一番思っただろうね。

そしてトップはミュラー。心に来た選手ならデンプシーとかもいるけど、実力も含めるとミュラーかな。この選手は何が凄いってのはないんだけど。本当に結果残す。一流だね。

ここにMVPがいない。そうメッシは絶対にMVPに値しない!!凄い選手だけど、この大会では凄くなかった。ノイアーにも、ロッペンにも、マスチェラーノにもかなわない!もっと言えばここに名前が挙がってないシュバインシュタイガーにもかなわない!このMVPはこの賞の価値を完全に下げたと思う。これからワールドカップMVPなんてのは誰も気にしなくなるでしょう。

長くなりましたが、本当に最後に本田の「目標は優勝」発言について。その発言自体は悪くない。でもね、それはそれとしてまず足元からという目線もないとね。白か黒ではなく、すべてがグレーなのがこの世界。本田の発言よりも、今年のチャンピオンズリーグファイナリストにして、リーガの王者アトレティコマドリーの監督、シメオネの言葉が一番しっくりくる。

「1試合、1試合」

そう、未来を見ることと現在を見ること。両方大事なんだと思います。それはサッカーだけではなく、僕らの生活そのものにもね。

今大会は本当に楽しかった!!また4年も待たなきゃいけないなんて!!死ぬまでにあと何回見られるのか・・・?ワールドカップ万歳!!