親友の子供

待ちつかれて寝てしまったが吉報届く!!友達の子供が生まれた!!母子ともに健康!!やった!!

新しい命というのは、何よりも美しく、何よりも人を動かす。しかも親友の子供だよ?たおの友達がまた増えたってことだ。

僕は友達ってのを人生のひと時たまたま隣にいる人と昔は定義してました。なので別に友達がいなくてもなんともない、くいうの考えでした。だから高校から福岡に行ってクロスFMに入ってしばらくする26歳くらいまで、新しい友達はほとんどできなかった。僕はやせ我慢をしてたんだと思う。

でも音楽を通して、少しずつ友達がまたできてきた。クロスFMのみんなは本当に久しぶりにコミュニケーションをとった人達だった。ゴーイングのメンバーなんて本当に久しぶりにできた友達だったし、だから今でも大切な仲間。

そしてメジャーデビューして、契約が切れてうらぶれると、友情の大切さを知ることになる。たくさんの人が友情を土台にして色々な手を差し伸べてくれた。一人で生きているわけではないことを知る。この辺りで僕の友情の定義は変わった。

そして親友に出会う。僕は急に友達がたくさん増えて行く。クライフやキュマバロウ、Hi-5といった音楽仲間ができていった。そんな中で、打ち上げでその親友に出会った。会って数分でお互いにこれは親友だと思った不思議。そして今もそう思ってる。互いはまったく違う人間だし、バックグラウンドも違うし、見た目も違う。でもなぜか僕らは響きあった。その親友が父親になった。

そしてもう一人の親友は僕と同い年の女の子。最終的に夫婦ともに親友になる二人の出会いの場に僕はいた。っていうか出会いになるなんて思ってもみなかった。二人が付き合うって話を聴いて高円寺HIGHの階段を僕が転げ落ちたのは語り草(笑)同い年で女の子。女の子の親友なんてできると思ってなかったのに、新しい親友はそこにいた。僕らは男女の性別を超えてすぐ親友になった。そして彼女は母親になった。

僕は二人の結婚式の司会もしている。曲も作って歌っている。一人一人でも大切なのに夫婦になった。おまけにそこに子供が生まれて家族になった!こりゃあ仲の良い親戚ができたようなもんだ!めでたい!!

たおが生まれた日を思い出す。まず嫁の無事で涙がでた。そして新しい命の存在。それは感情を超えて、何もないのにただ涙が出た。これからいろんな思い出が作れるとか、自分に子供ができたんだ!とか全然関係ない。ただ涙が出る。新しい命ってのはそいいうもの。

僕は今日5時半頃むくりと起きて、すぐ携帯を確認した。そして無事出産終了、母子ともに健康の文字。その文字がみるみるうるんでいった。世界が水たまりでいっぱいになった。新しい命はただただ涙を流させる。こんなに嬉しいニュースがあるだろうか?

新しい命は無限の可能性を生む。彼は(男の子です)世界を救うかもしれない。彼は世界を感動させる作品を生み出すかもしれない。彼はただ平凡な人生を歩むかもしれない。でも大丈夫。幸せは確定してる。あの二人の間に生まれて不幸になるわけないだろ。っていうか俺がさせない。赤ちゃんよ。君はうちの家族だ。親友同士の子供は自動的に家族だ。これからずっと俺と付き合うことになるから覚悟しておいてな。

世界ってね、とても素晴らしいんだよ。君のお父さんとお母さんの顔を見てごらん。こんなに幸せそうな顔ないだろ?世界って素晴らしいんだ。とても素晴らしいんだ。君がいる世界はね。

おめでとう!!!でかしたぞ!!!