プロデューサー目線

自分が音楽を作るという行為は、自分にとって最高の音楽を、自分のかゆいところに手が届く音楽を作ることだったりします。まあ実は自分の理想とする腕やアイデアが足りなかったりするので、結局は他の人が作った曲に理想を感じたりもするんですけど。でも人の音楽を聴くと、こうしたらいいのになぁーとか、こうしたいなーとかよく浮かびます。

なので人のライブに行っても、こうしたらもっといいなーとか浮かんじゃうと純粋に楽しめなくなるのが悩み。あー今はそこでギターはグルーヴしない方がいいのに・・・とか、そもそもそのボーカルにはこっちの方が合うのに・・・とか。これは上手い下手ではなく、センスの問題なので僕が正解なわけでもなく。ただ自分の好きな音楽としてはこっちなのになーって思っちゃう。ま、まったく良いところがない場合は、そんなことも浮かばないし、帰りたくなるだけですけどね。

あと上から目線で言うと、何も間違ってはいないのに、どうも感動しないというか胸に来ないのは一番面倒くさい。そういうバンドにどうでした?って言われるのが一番苦痛です。だって何も言うことないんだもの。良い意味でも悪い意味でも。

ま、別にプロデューサーでもないんだから、そんな見方は大きなお世話だけどね(苦笑)人のこと言ってる暇あったら自分の音楽作りましょう。はい。

【ライブ情報】
11/26(水)高円寺HIGH
「小春のころ」
OP/ST 18:00/18:30 前売り/当日 2,000/2,500
出演:岸上規男/エガワヒロシ/川合栄次/池橋壮一(イノリオン)/ニイオカヨシキ(The Terminal Stage)

チケット希望の方はegawahiroshi@nifty.comまで希望人数とお名前を連絡ください。
入り口で名前を言って貰えれば前売り料金で入れますので。よろしく!!