ART CORE PUNK GIG!!

昨日は高円寺HIGHに僕が最もコピーしたバンドDe-LAXのボーカリスト、宙也さん率いるアレルギーが主催するイベント、「ART CORE PUNK GIG」に行ってきました。

トップが奇形児の時点でそのアンダーグラウンド感たるや。凄まじい音でもう危ない匂いがプンプンです。

しかしその危ない匂いに突如冷や水を浴びせるようなポップナンバーをぶつけてきたのが、大御所に挟まれた形で登場した若手のPLASTICZOOM!あれは良かったなぁ。元々がゴスな匂いのするバンドですが、昨年出したニューアルバムではネオアコ?というような曲やら、完全なエレポップ曲を多数収録してて。まさに完全脱皮のアルバムで驚かせてくれたんだけど、今回の1曲目はそのネオアコナンバー。空気がガラッと変わって、わお!って思ったよ。でも、その後演奏が進むにつれて、このバンドがアンダーグラウンドミュージックやパンクの血筋を引いていることをはっきり感じさせる激しい曲も披露。いやー初めてライブ見たんだけど、本当にかっこよかった。ボーカルの存在感は言わずもがなですが、長身のギタリストの佇まいとポップセンス。あれ凄い好きだなぁ。ドラムはJUNEJULYAUGUSTやHUMAN TAILのKAZIさんだからね。リズムもうねる。まだ発展途上のところもあるし。楽しみなバンドでした。

そして最後は真打、アレルギー登場。もう結成から30年超えて復活したバンドが、こんなに現役のエネルギーをまとっているのがまず奇跡。ドラムの荒木さんとボーカルの宙也さんというオリジナルメンバーに、ベースは現alcanaで元ママスタジヲなどでも活躍した中西さん、ギターはSUPER BADやMUTE BEATARBなどその経歴通りの百戦錬磨な内藤さんと鉄壁の布陣。この4人が集まったのが奇跡の源泉だろうなぁ。荒木さんの骨をむき出しにしたまま全力疾走するような、パンクの血が宿ったようなドラムに、日本刀を振り回すようにザクザク切り刻む内藤さんのギター、そしてその危険なサウンドを受け止める母のような重低音ベースの中西さん。そのアンバランスなバランスの刺激的なサウンドの上で見事に乗りこなすのは宙也さん。耽美的で、怪しくて、でもその人柄なのか、最終的にはとてもチャーミングで優しいボーカル。あんなに怪しい音で、でもどこかポップに感じさせるのは宙也さんだからだと思う。リスペクトしかない。

いやしかし、最後に加入した中西さんが大きいと思う。TOKIEさんから美形凄腕女性ベーシストの座を受け継ぐべき中西さんは、もっともっといろんなところで音を聞かなきゃいけない人だと思うなぁ。テクニカルな部分も完璧だから、レコーディング現場での需要は大きいし、ステージ現場ではその美しさ故の華やかさが、どのアーティストにもプラスになる。あんなベーシストいないって。紹介して欲しい人は僕に声かけてもらえたら繋ぎますよ!俺はマネージャーか(笑)

ライブの最後に宙也さんが荒木さんを紹介する時に、「20歳の時に一緒にバンドを初めて、50を過ぎて一緒にやってると思わなかった」と笑いながら言ってたけど、あの二人が手を握り合った瞬間はとても感動的だったなぁ。音楽が、バンドが、とても尊いものだと思えた瞬間だった。殺伐とした事件が頭の上を飛び交う世の中で、アンダーグラウンドの危険な匂いの中に、ピースを感じさせるライブが見れたことがとても幸せでした。

そしてアレルギー、PLASTICZOOMが参加した打ち上げにも参加。宙也さんが俺を見つけて「あ、ヒロシ君」と言われた時の俺の顔は、恥ずかしくてあまり人には見せたくない(苦笑)あんなにデレデレした顔、なかなかしたことないわ!(笑)打ち上げも楽しかった!

■ライブ情報
2/18(wed)高円寺HIGH
[紫雲英のころ]
OPEN18:00/START18:30 前売り2,000円/当日2,500円
出演:エガワヒロシ/サクマツトム(ハックルベリーフィン)/平岡恵子/ヨシグチヒ
ロユキ(shanghai from旭川)/大村秀晴

3/12(thu)@高円寺HIGH
[雪解けのころ]
OPEN18:00/START18:30 前売り2,500円/当日3,000円
出演:エガワヒロシ/ナカザタロウ/big the grape/Asauchi's Military Guardian/
セルピコ

チケット希望の方はメールで希望人数とお名前をegawahiroshi@nifty.comまで連絡ください。