アジアカップの日本代表

フワッとしてるなー。これがアジアカップの感想です。これはチームだけじゃなく、報道、そして自分のアジアカップに対する気持ちも含めて。まあそれじゃあ勝てないですよ。もうアジアはそんな甘いところではなくなった。

アギーレの去就問題がこのフワッと感にさらなる曖昧さを与えたことは否めない。なんか結果よりもそっちにみんなの意識が集中して。


さらにはアギーレのセレクターとしての代表監督の仕事は至極真っ当なんだけど、代表監督にも戦術的イノベーションを求める国には食い合わせが悪かった。選ぶだけか?と。やってることは岡田監督とあんまりかわらんしね。そう思うのもまあしょうがないかな。CBの質が圧倒的に違うんで、可哀相ですけど。アギーレ。

だからこの負けは当然。結局は代表なんて、選手の調子の悪さの集合体ですからね。香川を筆頭に、長友も、吉田も、川島も微妙。調子良かった岡崎も悪い流れに引っ張られ、本田も下降線の時期だった。乾や清武はそこまで影響を与えられない。

さらにメンバーのマンネリ感が日本中に停滞感を撒き散らす。武藤?まだまだ。柴崎はちょっと殻を破った気はするけど。南野君はどこへやら。

今回の負けはユース年代で勝てなくなった日本への強烈な警告だと思う。育ってないぞ、おい!という。アギーレがどうとか、香川がどうとか、そういうところより根が深い問題。これはまずいですよ、原さん。本当に。

今年は気合い入れてやらんと日本サッカーの地盤が崩壊する。やらなきゃいかん。サッカーを愛する者としては、試合を見に行くくらいしか出来ないけど。とにかく今年は行こう。そして選手を鼓舞しよう。良いプレーには拍手しよう。

俺は諦めてないぞ。