サイケデリック

ポップミュージックには二つ側面があって、歌詞やメロディーに重きを置いた歌を中心にしたものと、サウンドの構築に重きを置いたものがあります。もちろんどのアーティストも両方を追いかけてるわけですが、大体どのアーティストもどちらかにフォーカスを絞っていて、その割合にオリジナリティが見える。

その中でシンガーソングライターという人は歌に重きを置く人が多いわけです。僕ももちろんその一人。ですが、僕の中では常に「サイケデリック」というものが蠢いています。その出会いは90年代前後のギターバンド。ローゼス、ジザメリマイブラと言ったギターバンドのサイケデリックな音にやられて。それ以来、60年代サイケやら、ペイズリーアンダーグラウンドやら、シューゲイザーやら、ずっとレコード屋で「サイケデリックな」と書いてあるととりあえず手に取るみたいなことになってます。

でも最近はアコースティックライブも多かったので、歌に照準を絞った形を模索していました。しかしまたここで「サイケデリック熱」が顔を出す。これはたぶん熱病みたいなもんで・・・。

サイケデリックな音の中に体を潜り込ませると、母体の中にいるような、無に近い感覚が得られて。そこはシェルターのようでも、夢の中のようでも、繭の中のようでもあります。柔らかくて、蒼い世界。一度手を出すと、やめられないものがあります。いや薬はやりませんよ。薬、ぜったいダメ。

というわけで今日のライブですが、サイケデリックを大解放します。まずアコースティックライブなんて言ってますけど、エレキ二本でやります。エフェクトも使いまくって、深い霧の中に潜む音を聴かせたいと思ってます。まあ僕の場合はサイケデリックに埋もれるようなメロディーではないんですが、自分だけにしか出せない世界を作り出せたらな、と思っています。

それでは今日の夜は高円寺HIGHへ!僕の出番は21時過ぎになります。前のバンドが体操とかする人達だから、サイケデリックな世界でいいのか?というのはありますが・・・。そんなミスマッチもお楽しみください!

チケットはegawahiroshi@nifty.comまで!またはいろんな方法で連絡ください!

3/12(thu)高円寺HIGH
[雪解けのころ]
OPEN18:00/START18:30 前売り2,500円/当日3,000円
出演:エガワヒロシ/ナカザタロウ/big the grape/Asauchi's Military Guardian/セルピコ