アットホームオルタナティブ

昨日はこちらでした!

4/16(木)高円寺amp cafe
〜桜のころから〜
出演:エガワヒロシ/中嶋佑樹(SPIRO,YakYakYak)/タカタタイスケ(PLECTRUM,The Broken TV)/サイジョウカズヤ(cigarette in your bed)

みんなエッジの立った、けっこう尖ったオルタナティブな音楽をやってるんですが、人がほのぼの(笑)なんで笑顔が溢れる、リラックスしたライブでした。ホームパーティーか!っていう(笑)

サイジョウ君はHIGHではよく会ってましたが、ライブは初めて。コードの鳴りは美しいし、メロディーも無駄がなく、声も美しい。しかもちゃんと届く声。普段シューゲイザーの人とは思えない。凄く好きな音楽だったなぁ。

そしてナカジはもう元々大好きな音楽ですからね。昨日は緩すぎですけど(苦笑)ギターだとアメリオルタナのフォーキー&ブルースサイド、鍵盤だとヨーロッパなデカダンな匂いもしてくる、本当に特異な音楽の人。声も美しいし、もっとたくさんの人に聴かれて良い音楽だよねぇ。人としてはあれですけどねぇ(笑)

そして安定のほのぼの感はタイちゃん。この人はサイケデリックになったり、けっこう攻撃的な音楽も奏でるんだけど、最終的にタイちゃんのほのぼの感に収束されていく。音楽って結局人間じゃない?っていうところの筆頭。まあ音楽は人間って言う人の中には、音楽のセンスや、音楽の現役感を失くしてる人もけっこういますが、タイちゃんは本当に今の音楽。とにかくこの曲は名曲!!

僕はけっこうメロウな選曲。会場がどのムードでも受け入れる感じだったから、まあすんなりでしたけど。

1.パノラマ
2.BLUE FILM
3.白い世界
4.スミチェル
5.君のいない部屋

今回はアコースティックギター2本で、正攻法で勝負。自分でもメロディーを大切にしてきた自負はあるんですが、アコースティックだとメロディーが浮き立つ。メロディーなんてのは音階が上下するだけなんですが、そこに呼吸や、強弱、そしてなんとも表現できない気持ちが乗って、初めて形になる。今はなかなかメロディーが大切にされない時代っていイメージもあるので、僕は特別大切にしていきたいです。雰囲気じゃないんだよ、メロディーは。

とても気持ちの良いライブで、その後のみんなとも話も面白かった。音楽が中心にある、楽しい磁場。そんな会場でした。

あ、ちなみにギターの音が出なくて、ギターはサイジョウ君に借り、ケーブルは忘れてナカジに借り、結局使った自分のものはカポだけでした・・・。ちゃんとしろ!俺!

次のライブはペンギンハウスです。我が家はペンギンだらけのペンギンハウスなので、ペンギンハウスからペンギンハウスに向かいます(笑)

2015:5/15(金) 高円寺ペンギンハウス
【良い音ナ、良い音コ】
開場19:00/開演19:20/¥2000+1D
出演:栗本佳那、大和真二郎、エガワヒロシ、片貝篤史ユニット、さるべ〜じ(お笑い)