音楽愛

遅ればせながらこの間のライブの話を。

高円寺ペンギンハウス【良い音ナ、良い音コ】
出演:栗本佳那/大和真二郎/さるべ〜じ(お笑い)/エガワヒロシ/片貝篤史ユニット

長い付き合いになってきた片貝君の誕生日イベント。片貝君曰く、前半が若手、お笑い芸人さんを挟んで後半がおじさん。または前半ポップ、後半暗黒パートという・・。なんで俺が暗黒やねん!

まあでも前半の栗本さんと大和君はさわやかなポップ。栗本さんは正統派のシンガーソングライターで、顔も綺麗で、歌も上手い。曲も詩もしっかりしてる。まあでもここがスタートラインなんだろうなぁ。最近の女性シンガーソングライターは群雄割拠。ここから抜き出すのは大変だ。

大和君は山下達郎オリジナルラブ直系のソウルポップ。これもまた群雄割拠のジャンル。ファルセットの美しさを武器にここで勝負していくんだなぁーって若者を見てました。

片貝君も僕も年齢的にこういう最前線の戦いを抜けて、もっと肩の力が抜けた形で音楽をやってる。まあもちろん一回もがき苦しんだからこそですけどね。片貝君の音楽はそんな苦味がどこかにある。甘いメロディーに舌足らずなボーカル(おっさんだけど)。でもやっぱり苦い。そこに音楽の深みがある気がします。

あと音楽愛がそこにある。最近はちゃんと音楽聴いてる?って人が多い。音楽ってそれまで聴いてきたものが体内で消化されて出てくるだけ。要素が少なければそれだけ薄っぺらいものになる。それを補うような人生経験やら、人間的厚み、脳内思考があればいいけど、そんなのは一握りの人たち。良い音楽を作りたいならもっと音楽を愛さないと。片貝君にはそれがあった。だから今も音楽を鳴らし、その音は魅力的。顔は変だけど(笑)

僕もそんな年輪を感じるライブをやったつもりです。歌の力と気持ちの強さで場を持って行く。誕生日イベントでわさわさする中、自分に興味を向けさせる演奏。まあそんな経験腐るほどしてますからね。なかなかなライブができたかな?と思ってます。

さて、次のライブでアコースティックライブ、というかソロのライブはお休み的な感じにします。バンドに一回集中。なのでしばらくはソロの世界観は見れなくなるので、ぜひ次回ライブは遊びに来てください!

■ライブ情報
6/11(thu) 高円寺HIGH
出演:エガワヒロシ,沖野俊太郎,The Caraway(シマダソロ),Mimlus
18:30/19:00 2,500/3,000
チケット希望の方はegawahiroshi@nifty.comまで希望人数とお名前を連絡ください。