音楽ファンに愛される音楽

いよいよ来週はアコースティックライブです。いやエレキですけど。

このライブでしばらくソロのライブはお休みして、制作に励もうと思っております。あとはバンドね。まあ社会人バンドの常として、なかなかリハに入れない地獄で苦しんでいるけれども。

さて、来週のライブは共演が素晴らしいんです。まずはミムラス。もう親戚ばりによく一緒にいますが、付き合ってませんよ!(笑)8月にはアルバムをリリースすることになり、しかもあのカーリージラフのレーベルから!ラブリーなのにどこか凛としたソウルポップ、もうすぐいろんな人に広まると思いますので、今がチェックのナイスタイミング!

そしてキャラウェイスウィンギングポプシクルのギタリスト、しまっちこと嶋田修のアザープロジェクト。ポプシよりもさらにギターポップ然としていて、グッドメロディーのエバーグリーンミュージック。ドイツのバンド、スペースケリーやアメリカのコットンメイザーなんかを好きだったら絶対お勧め。要するにマニアックなのに間口の広いポップミュージックだな。シマッチは昔僕のバンドでギター弾いてくれてたのですよ。それはセンスが良いに決まってる。

そしてもう一人はヴィーナスペーターでインディアンロープで、その昔はコーネリアスの小山田さんとビロードという伝説のバンドを組んでいた、日本インディーポップ界の重要人物、そして僕も多大な影響を受けた沖野俊太郎さん。沖野さんのがネッズ・アトミック・ダストビン(KILL YOUR TELEVISION!!)のロンT着てて、その真似してたのを凄い思い出します。僕の曲で「BLUE BICYCLE」って曲のイントロのピアノが、その当時ファッション通信のテーマソングだったヴィーナスペーターの「Every Planets Son 」の間奏に思いっきり影響を受けているのは公然の秘密。一回フワリカにも出てもらったんですよ。でも緊張してうまく話せなかったなぁ。最近はプレクトラムのたいちゃんがプロデュースしてたり、その作品で僕のバンドのミッキーがドラム叩いてたり、もう少し距離を縮められる要素が増えている気がする。楽しみ!

まあとにかく今回はセンスあふれる人ばかりのイベントですので、音楽ファンはぜひ集って欲しい!音楽ファンが愛する音楽で溢れた夜だから!

6/11(thu) :高円寺HIGH
OP/ST 18:30/19:00
出演:エガワヒロシ沖野俊太郎/The Caraway(シマダソロ)/Mimlus

これたまらん