豊潤な音楽の集い

昨日はクライフのレコ発祭りでDJでした。出演者も豪華絢爛、高円寺HIGHではyukino chaos、死んだ僕の彼女といった若手のシューゲイザーバンド達に混じり、橋本孝志 with Dots Dash&RICOも登場。同時開催のampcafeでは元コレクターズの小里さんのソロユニットFransisと、元venus peter沖野俊太郎さんがPLECTRUMのたいちゃん、ノーザンブライトの島田さん、そして我らがミッキーを従えて登場。この豪華さは長く一線で活動してるクライフならでは。とても濃い夜でした。

僕はampcafeでトップバッターでDJ。露払いなのでゆったりとした選曲で。ウメちゃんには相変わらず渋い選曲ですねぇーと言われた、おじさんの匂いのするDJ。そんな曲はこちら。

1.Where it's at/Beck
2.Rord to nowhere/Talking heads
3.Lover's day/TV on the radio
4.Hearts,repeating/Nic hessler
5.Love45/Orange deluxe
6.13th disciple/530
7.Revernd black grape/Black grape

ポールバセット連投の5、6曲目が僕の王道。530は永遠に心のバンドです。

さて、今回はたおと二人で高円寺にやってきました。ライブハウスで育ったとも言えるたおさんは、もうわが物顔。XTC食堂でグッズをいじりまくり、あっちこっちで愛想を振りまいていく。初対面の沖野さんにはすぐに抱きついて行き、こちらも初対面の小里さんにはいきなり「何歳?何歳?」と質問攻め、しまいには小里さんのピアニカで鍵盤弾けるアピール。 沖野さんのライブでは、声はパワーの途中で寝落ち、起きたら復活でたこ焼き10個完食、橋本孝志 with Dots Dash&RICOのライブでは飛び跳ねて、橋本さんに手を振られてご満悦、クライフのライブでは轟音ですぐVIPルームに退散するも、ソファーの上で腹を出してライザップ踊りをしているところをステージのユウスケ君から見られてしまい、MCのネタにもされる大暴れぶり。いやあdarioのMOGさんに泣かされるまで本当に元気いっぱいでした。関係者のみなさんお騒がせしました。

若いバンドから、ベテランまで、みんなが勢いのある演奏だった。それぞれの持ち味を押し出してて、色んな色が見れて楽しかった。沖野さんの美しい周波数だけでできたような声は柔らかな毛布に包まれているようだし、小里さんのスタイリッシュな音楽はお洒落この上なかったし、死んだ僕の彼女はエクストリームに壊れていた。そして橋本孝志 with Dots Dash&RICOは、橋本さんの書くどこかジェントルでアダルトなR&Rを、若いバンドがパワフルに転がしていくのが面白かった。リズム隊が強烈!さらに主役のクライフは、ベテランになってさらにアクセルを踏み込むようになった印象そのままに、まったく守りに入らない。若いバンドに入ってもエネルギーで負けないってのが凄い。

正直お腹がいっぱいになるような一日で(実際カレーでお腹いっぱい)刺激いっぱいでした。この経験を自分のバンドに活かさないとね。俺たちも頑張るべ!

<PAVEL>
12/15(tue) 高円寺HIGH
[we are the beautiful!]
出演:SPIRO/Pavel/The Broken TV
open/start 18:30/19:00 ADV/DOOR 2,500/2,800