無駄

無駄なことをしてる暇なんてないとも思うけど、無駄なことの積み重ねの上にこそ無駄じゃないものが立ち上るとも思う。ただ無駄なことも夢中でやらなければ、積み上がるものも積み上がらないとは思う。迷い道クネクネは迷い道に違いないけれど、迷ってる間に蓄えられるものもある。迷わなければ辿り着けない場所もある。若者よ、無駄なんてものは何もないのだよ。いつも夢中で生きている限り。

なんてことを昨日飲みながら思ったのです。でも相手は若者ではなかったな…。