「CARNIVAL」

ライブ当日にPAVELの歌詞公開シリーズその4。

この曲はとにかく太陽みたいな曲が書きたくて。でもそれは太陽みたいに明るいというよりも、太陽に憧れて、太陽の光を浴びながら、いろんなものを抱えながら踊り続ける、どこかのアフリカの村の祭りのようなイメージで。しかも、きっとその憧れてる場所は、自分が踏み込んだら焼け死んでしまうようなところで。でも憧れ続けてる。そんなイメージ。イメージの曲だから、聴く人が色んな解釈してもらえると嬉しいかな。



『CARNIVAL』


Oh you are my sunshine 眩しすぎるえくぼと
とろけそうな君の胸が 僕をおかしくさせる
Oh you are my sunshine 恋に落ちた金魚が
溺れそうに口を出して キスをねだり続けた
But you don’t care


Oh you are my sunshine 見とれていただけだよ
君の八重歯が首筋に 食い込んでいるようだ
Oh you are my sunshine ゾンビが走るなんて
それはルール違反だから 君はそればかり言うんだ


手を伸ばして 身をよじって でも届かない 悲しいくらい


だから踊るんだ 狂ったように
すべてを すべてを 忘れるように
踊るしかないや デタラメだって
朝まで 朝まで 逃げるように
さあ騒げ!!


Oh you are my sunshine 見下ろされ続けてる
君に照らされてる僕は いつだってちっぽけで
Oh you are my sunshine 抱きしめた瞬間に
僕は炎に包まれて 黒焦げになってしまうんだ
But you don’t care


そして踊るんだ 高まるリズム
死ぬまで 死ぬまで ずっとずっと 
踊るしかないや 止まったらもう
僕らは 僕らは 死んでしまう
さあ騒げ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この曲はダンスナンバー!みんな踊りに来て!


■ライブ情報

<PAVEL>
12/15(tue) 高円寺HIGH
[we are the beautiful!]
出演:SPIRO/Pavel/The Broken TV
open/start 18:30/19:00 ADV/DOOR 2,500/2,800

PAVELの出番は19:50です!

チケット希望の方はegawahiroshi@nifty.comまで希望人数とお名前を連絡ください。