「ユーロ途中総括」

今回のユーロは24ヵ国に参加国が増えたので、決勝トーナメントの16ヵ国に入るのは、6つに分かれたリーグの上位2ヵ国ではなく、3番目も行ける可能性がありました。これが今回のユーロがつまらない原因。なのでリーグ最終戦のデッドorアライブ感が少なくて、なんとも盛り上がりに乏かった。やっぱり16ヵ国の方が良かったよね。ユーロってそのエリート感が特徴だった気がするのよ。貴族的と言うか、特権的と言うか、欧州が頂点に決まってるでしょ?っていう上から目線が。嫌味なくらいの。24ヵ国だとそれがない。

なので決勝トーナメント1回戦が終わって、ベスト8が残りましたが、ここからが本当の決勝トーナメント。いつもは16ヵ国がリーグ戦で半分になって、決勝トーナメントはここからですから。

まあアイスランドの清々しさは24ヵ国に増えたからだと思うので、今大会の唯一の実った果実かな。サポーターの熱もたまらないよね。あの手拍子の応援とか。さすがビョークシガーロスの国。人口33万人だってよ。それがイングランドを倒すんだから。痛快でしょ。

その倒されたイングランドは残念大賞。なんだよケイン。あれだったら最初からバーディー使えよ。スターリングも煮え切らないし。スタリッジとラナーナの方が断然良かったよ。ルーニーには悲しみしかないよ。ウィルシャーいい加減目覚めろよ。いつその天才は花開くんだよ。っていうかやっぱりドリンクウォーターいるだろうがよ。ロイホジソンが一番の原因な気もします。

イングランドのゲームメイクできない感は何とも悲しみしか浮かばないですが、ゲームメイクをなんて最初からいらねーよ、というコンセプトがぴったりで快心のゲームを見せたのがイタリア。あのスペインも、ベルギーもこっぱみじんこ。本当に気持ち良いゲームばっかり。ジャッケリーニ好きだわー。

優勝はそのイタリアか、やっぱり強いドイツですかね。ドイツは本当に完成されてる。ベンチでどんなにレーヴが鼻くそ食ったって、脇の下の匂い嗅いだって強さに変わりない。まあもう達成感でお腹いっぱいのアイスランドと当たるフランスもついてる感がありますけどね。この3か国のサバイバルを勝ち抜いたところが優勝。向こうの山は、特に興味なし。

いやーしかし今大会は試合中に良く寝たわ。これは老化か?試合がつまらないからか?イングランドの試合は絶対につまらないからでしたけど。コンテとルーニーの植毛対決見たかったのによ。