「気分はどうだい?」

目の前に困難があろうと、目の前に喜びがあろうと、結局はその人の心次第。まあポジティブシンキング!と殊更に強く叫ぼうとは思いませんが、こればっかりは永遠の真実。

昨日はたおにとって厄日だったのか。テレビの占いではみずがめ座がビリだったし。基本プールが苦手なたおさん。でも何とか乗り越える感じになってたんですが、しばらくの雨で中止が続き、昨日のプールは2、3週間ぶりくらいに。するともう苦手な意識しか残ってない。前日から「プール大丈夫?」を繰り返すたおさん。常に泣きそうな不安な顔。寝る前にも愚図って、寝る時間も遅くなり。

そして当日。不安は最高潮。1分ごとに「大丈夫?」と聞く。大丈夫と答えたり、楽しめばいいんだよ、遊ぶだけだよって答えたり。それでも顔はこわばったまま。そして学童へ。いつもは入り口で笑顔で手を振りながら走っていくたおが、自転車を降りない。しょうがないので、学童の中まで一緒に行く。そこからはもう涙が止まらない。声をあげて号泣。友達に涙を見られたくないたおの我慢は、まったく役に立たない。お父さんに張り付いて離れない。先生がなんとかはぎ取って、お父さんはサヨナラする。悲しい顔のたおとお別れ。

結局、プールは問題なくこなしたらしい。ただ、学童でも水遊びがあり、そこでは転んでたんこぶが・・・。そこでも号泣。厄日だ。そしてお迎えに行くと、一輪車を練習中のたお。でもどうしても自分でやりたいカーブが出来ない。いや1年生で一番上手いくらいだし、そこまでできる子はいない。なのにこの日の不安定な心が、そんな一段上の失敗さえも許さない。またそこで号泣。お父さんに抱きついて「たおは何にも出来ない!」と号泣・・・。

なんとか気分を変えようと、帰りに公園へ。公園には、前はできなかったのに出来るようになったものがたくさんある。そんなひとつひとつの成長を思い出して欲しくて。でも結局、気分は晴れやかにはなることもなく、微妙な曇り空の心で家に帰る。じゃあたおの好きなものを食べに行こう!と外食の提案。気のない返事のたお。でも翌日もプールがあるので、水着を洗わなきゃいけない。じゃあ一回家に帰って洗濯しながら何食べるか考えようか?と言うと「わかった」という。

家に帰り、洗濯を始めると、「ちょっとベッドでゴロンしていい?」というたお。いいよーとクーラーとテレビをつけてやる。たおはぼんやりしてる。そしてその後すぐに、ご飯も食べず、お風呂も入らずに、深い眠りの世界へ・・・。まあ疲れてたんだよね。あとは最近寝るのが遅くなってきて、寝不足もあったのかな。お父さん反省。今はゆっくり眠るといいよ。

そして今朝。たくさん寝て、元気になったたお。夏休みに毎日書いてる短い日記を書き始める。昨日は最悪の日、何も良いことがなかったと言っていたたおが何を書いてるのかな?と覗き込むと・・・。そこには「今日はプールがとても楽しかったです」と書いてありました・・・。ああーたおは頑張って乗り越えてるんだなぁー。お父さんはちょっと感動。

外は強い日差し。今日もプールの日。昨日とは違い、不安を口にすることもないたお。ご飯もたくさん食べ、早く起きたので、学童にもいつもより早く行きたいと言う。お弁当も持って、今日も学童に向かう。いつものように入り口でお別れ。じゃあ行ってらっしゃい!と言うと、お父さんに向かって手を振りながらたおが叫ぶ。

「プール頑張ってくるねー!楽しんで来るねー!」

昨日と同じプールのある夏の一日が、まるで違う一日になる。たおの心が完全にプールを乗り越えた瞬間。たおのお父さんで良かったなぁーって思う瞬間。昨日との違いなんて心の中だけ。子育ては心の中を育てることなんだなぁ。

僕の毎日はドラマティックでもなんでもなくて、ただ平凡な人生が流れています。でもそこには様々な心の動きがあり。それを丹念にひとつひとつ拾い集めて、僕は曲を作っているのかもしれない。まあシンガーソングライターにはそれしかできないんだけど。

今日はアコースティックライブ。たおも金曜日だから久しぶりに見に来ます。見かけたらプール偉いね!とほめてください。僕の毎日を音楽にしてみんなに聴かせます。


7/29(金)西新宿ナビカフェ
ブラタケシ#13
世古武志×エガワヒロシ
open18:30 start19:30
2000円(+2order)

僕の出番は20時45分です!