「根無し草の歌」

この間、みんなでダラダラ音楽の話してる時、エガワさんは1人のイメージが強いと言われました。まあずっとシンガーソングライターとしてやってきてるので、一人で歌ってるイメージが強いんでしょうね。確かに音楽も、それ以外も1人でいるイメージは常に持っています。

別に友達がいないとかそういうことはないんだけど(高校時代はいなかったけど…)、昔からあるグループに属してても、そこにどっぷりはまらない傾向はありました。誰とでも笑って過ごすけれど、この世界の人だよね、って誰からも思われない。常に外様で、でも除け者にはされない感じ。飲みには行くけど旅行には行かない感じ。この微妙な感じわかってもらえるかなあ?それって実にシンガーソングライターだなあーと思うんです。

バンドマンは違う。あれはギャングみたいなもので、一蓮托生の塊になっているバンドほど、何か琴線に触れる音を奏でる。幼馴染のバンドの美しさとか、凄い特別だと思う。魂の兄弟というのか、とにかく肩寄せ合って音楽を作る感じ。まあ臭い言い方すると絆が見える。

シンガーソングライターは根無し草。どこにも属さず、どこにも繋がらず、どこに行っても違和感がある。だからこそ、音楽で自分の箱庭を作る。それが大きい人と小さい人はいるけれど、結局は箱庭の世界。だからこそ箱庭に入って来る人は個人的に繋がったような気持ちになる。もちろん演ってる側もそんな気分でいる。

木曜日のライブはそっち側の人達が集まってやるライブです。そんな音楽を大人になっても続けてるのは、何か欠陥があるとしか思えないけれど(苦笑)やめられないんだからしょうがない。シンガーソングライターとはその人にしか出せない音を出す人達。その人自身を試される音楽。お前は誰だ?と常に問うて、自分の音、自分の言葉を探してる。いつだってゲシュタルト崩壊寸前の人達。そんな人の歌をゆっくり聴く秋の夜長って、なんかちょっとしたホラーみたいで良くないですかね?なんか違いますかね?

今回のメンツは個人的に楽しみなんです。

■ライブ情報

<ソロ>
9/29(木)喫茶SMiLE×片貝篤史企画
「わるいおとなのわるだくみ」
開場19:00/開演19:30 ¥1500+1D
出演:エガワヒロシ/林邦洋/加賀屋みき/片貝篤史
エガワヒロシの出番はラストです。

10/13(木)高円寺HIGH
[木犀のころ]
出演:エガワヒロシ/野呂圭都/イケダツカサ/サイジョウカズヤ(cigarette in your be
d)/タチバナアキホ(niente.)
FOOD:ねこのて食堂

<PAVEL>
11/24(木)高円寺HIGH
[we are the beautiful!]
出演:筒井朋哉(ex,Electric Glass Baloon)/Pavel/Earls Court/si,irene
DJ:ume-rock(Sunday Monday)
FOOD:神田 お茶の水 三月の水
PAVELの出番は19:40です!

エガワヒロシのチートロたこやき>
9/25(日)10/29(土)11/23(水祝)
[Total Feedback]&[SundayMonday]
高円寺HIGH 高円寺ampcafe同時開催

チケット希望の方はegawahiroshi@nifty.comまで希望人数とお名前を連絡ください。