グレーの世界


45歳にもなって自分の現在地を見渡すと、なんとも言えない場所にいるよなぁと良く思います。

小さい頃に想像していた45歳は、実に日本的な家に育った僕にとって、漠然とどこかの会社で仕事をしていて、奥さんがいて、子供が何人かいるという何も変哲のないものでした。まあ実際奥さんも子供いるので、そういう意味では想像通りですが、自分が主夫的な位置にいるなんてことはまったく想像してませんでした。バツイチなんてさらにびっくり。微妙なねじれの世界。

そして音楽を始めてからは、その漠然とした45歳像が頭にありながら、自分の音楽がヒットチャートにのっているような、これまた漠然とした音楽の成功を想像してました。そんな場所にはカスリもしなかったわけですが、そうならなかった時には、音楽も辞めて、音楽に回り道した分少し質素な、昔から想像した45歳に近くなっていくんだと思っていました。ところが今も自分の音楽も作り、細々と人に曲を書いたりなどもしているという現在地。まるで隙間に入り込んだような気分。

今の僕はその両方の想像していた世界から、良いところと悪いところを少しずつ持ち寄ったような、絶妙な現在地にいます。でも未来なんて、思い望んだようにならないのが当たり前で、少しでも夢見た要素が入っていれば「めっけもん」なのかな?と思ってます。でもそれは悲観ばかりしてたら絶対に手に入らないし、夢ばかり見てても手に入らない場所。夢を見て、それなりに何かを前に進めた人だけにおこぼれが貰えるような世界。そう白でもなく、黒でもなく、グレーの世界。

僕の持論ですが、人生は白でもなく黒でもなくグレーであり、その濃淡がその人の人生そのものである、と考えてます。どんなグレーを描けるのか、常に挑戦するのが人生。

僕のこの後の人生設計的には、この人に頼めば良い曲が出来ると信頼される作詞作曲家でありながら、色んな世界で愛されるインディポップのアーティストになる予定です。あくまで予定ですが(苦笑)そのために日々努力して、その白に近いグレーを引き出すために奮闘しております。まあ難しいことはわかってますけど、出来ないとも思わない。その良い塩梅が未来。この歳になっても未来を夢見れるのは良いことだ。そこを目指して、日々進むわけです。

そしてそこで嫁とたおが楽しそうにしてたら、それで満足です。良い人生だった、と言って死ねるかな。たおと嫁に見送られなが死ねたらいいなあ。出来ればたおに良い旦那さんがいたら尚良い。

いやまだ死なないけども(笑)至って健康ですけども。いつだって人生はこれから。まだまだ描く白い場所はあるはずですから。


■ライブ情報

<DJ>
12/18(日)
池袋ノンサッチ

<ソロ>
1/20(金)高円寺HIGH
エガワヒロシpresentsフワリカ!Reborn!〜心に茨を持つ少年〜」
18:30開場/19:00開演
料金:前売り3000 当日3500円
出演:エガワヒロシ/近藤智洋&橋本孝志/岸上規男 and more!!

エガワヒロシのチートロたこやき>
12/25(日)
[Total Feedback]&[SundayMonday]
高円寺HIGH 高円寺ampcafe同時開催

チケット希望の方は希望人数とお名前を連絡ください。