逆転の日

 

 


昨日は夕方から花見。たおの保育園のお友達のお父さんがDJ仲間と花見をやってるというのでそれに参加。嫁は別の用事があったのでたおと2人。

 


昼間にも海鮮丼食べながらビールも飲んだ。そして花見でもまあまあ飲んだ。だけどまさか記憶を無くすとは。花見からの帰り道、どうやって帰って来たか全く覚えていない…。

 


 そしてその帰り道、お父さんの世話を全部見たのはたおさん。今までたおの世話を見てきたお父さんがたおに世話を見られるなんて。遂にやってきた逆転の日。

 


あとはたおさん談。

 


帰り道、ずっと「おしっこ漏れそう」って言ってて、最寄駅に着いてたおが「お父さんトイレ行けば?」と言ったら荷物をたおに預けてトイレに行き、帰って来たら壁にあたりながら歩いて、帰りにドラックストア寄って「ホウ砂買っていい?」って言ったら買ってくれて、帰ったらそのままベッドに倒れこんだから靴下脱がして、上着も脱がしてあげて、それで布団かけて寝かしたの。

 


あぁ、ダメ親父降臨。記憶がないなんてほとんどないのに。たおがいるから安心したのか?嫁いないのに?なんてダメな父親だ。

それに引きかえなんて出来た娘。さりげなく欲しかったホウ砂を買わせるところも頼もしい。翌日お父さんをお世話した話を楽しそうにしてる。

 


この間2人で居酒屋に行った。カウンターに2人で座った。隣のおじさんはこんな小さい子を居酒屋になんて、という顔で見ていた。しかし楽しそうに話をしながらつまみを食べ、周りの迷惑になるように騒ぐこともなく、隣の知らないお姉さんとも楽しそうに会話する女の子を見て、おじさんの表情はどんどん和らいで行った。最後はニコニコとこちらを見つめていた。

いつもその場に合った振る舞いをたおはする。これが出来なかったらそりゃあ大人の場所である居酒屋なんて連れていけない。その場にはその場のルールがある。それをたおはわかって、やきとんのシロを食べ、味噌キャベツをむさぼり食べている。飲み物はジンジャエール

 


明日は四年生最初の日。大きくなったなあと思う。立派になったなぁと思う。お父さんはますます頑張らないと釣り合いが取れない。

今日はまた花見。同じ場所で花見。お父さんの学習能力が試される。まあ今日は嫁がいるからいっか。笑