惹かれる女性

 

 


最近目を奪われる女性の観点が変わってきた。もうとにかく普通の人に惹かれる。綺麗な人でも可愛い人でもなく、どこにでもいそうな人。品だけはあって欲しいけれど、それ以外はほとんど気にならない。普通の人が普通に佇んでいる姿にやたら惹かれるようになった。

 


まあ普通という言葉は厄介なもので、自分にとっての普通と誰かの普通が同じなんてのはまずない。なのであくまで自分にとっての普通なのだけど、それでも凡庸と言っても良いくらいの派手さもなく、誰も振り返らないくらいの人に惹かれてしまう。

 


ただブスもダメだ。ちなみに僕にとってブスとは自分をブスだと定義している人。又はブスなんだろうなぁーとなんとなく考えてる人。そういう人の「私存在してすいません」みたいな感じはとても苦手。可愛いとか綺麗なんてのは好みの違いはあれど、印象の問題だから、可愛いっぽいで良いわけです。っぽい大事。顔の作りなんて大した違いはないですよ。みんなが可愛いなんてないように、みんながブスもない。顔の作りは良くないけど明るくて色気がある人なんて大好物。たまらん。

 


ただ、だからといって立場上惹かれた女の人にホイホイ付いて行ったりするわけにはいかない。嫁とたおがいるのでそれはまずい。不倫を頭ごなしに否定するタイプではないし、惹かれ合ったらそれはしょうがないと思うけど、今のところ嫁もたおも悲しませてでも!って人には出会ってない。でも普通の人が好きってことは、その可能性、入り口はめちゃくちゃ広く空いてるってことだ。門戸開放。ガバガバヘイ。

 


最近とても良い父親だとか、良い旦那だと思われてるけれど、俺はいつもそんなことを考えている。どちらかといえば飲みに行くと下ネタばかりだ。性欲も強い。性癖のパンチは足りないけれど。惜しい。俺はいつも何かが足りない。

 


歌詞書かなきゃいけないのに、こんなこと考えてたらロマンティックな詩なんて書けない。煩悩よ、どこかにいってくれ。

 

子煩悩な父親の煩悩の話でした。