コパアメリカの日本代表

 

 


若手主体で臨んだコパアメリカですが、結果は2分1敗。これは落第点とまでは言えず、合格とも言えない微妙なところ。

 


ただ優勝候補のウルグアイ相手に、完全アウェーの雰囲気でドローは評価して良い。ウルグアイが舐めてたとか言う人もいるけど、前の試合で4点取られて負けてる訳で、ワールドカップ優勝経験国のプライドがそんな舐めた試合は許しませんよ。本気のウルグアイとドロー。しかも若手とベテランが融合した良い時期のウルグアイ。ここは評価。

 


しかしチリ戦がいかん。シュート数を見てもそんな差がある試合ではなく、それなのに0-4という結果は受け入れられない。上田君には悪いけど戦犯とさせてもらう。大学生でも代表だからね。決定的なチャンスを逃す国に勝利の女神は微笑まない。これを糧に大きくなるか、ビビって終わるか。使い続けてくれた森保の思いは届いているかな?

 


そして日本のストロングポイントとウィークポイントがクローズアップされた大会。

 


ただでさえ豊富だった二列目は久保と三好の台頭でさらなる群雄割拠状態。安倍も悪くなかったし、新ビッグ3なんて全く安泰じゃない。みんなが仕掛けられるところがかつての日本と全然違う。

その上に運動量の原口、縦に速い伊東もいる。宇佐美はガンバに帰って来ても、よっぽど活躍しないと代表はないよ。そのくらい層は厚い。

 


そしてセンターバックは富安の更なる成長、植田の及第点の出来で、吉田麻也、昌子と合わせて数は揃ったかな。あとは4人を脅かす存在があと数人欲しい。

 


緊急性が高いのは現時点のチョイスが大迫、その次が岡ちゃんになるCF。前田大然は永井と同じ飛び道具系、上田君については決められないストライカーの烙印。今回のコパに来れなかったメンバーで誰かいる?武藤くらい?アジアではいけても国際レベルの人は残念ながら見つからない。

 


そして今回穴だったサイドバック。長友と酒井の両巨頭がまだ健在なのでそこまで焦らないけど、バックアップがね。橋岡にはもうちょっと期待してたんだけどなぁ。コパに来れなかったメンバーも物足りないし。

 


あとは柴崎の相棒。今回の板倉と中山は落第かなぁ。遠藤航がいるけれど、あとは帯に短し襷に長し。ハードワーク系、ディフェンス重視系はもっと頑張れ。

ちなみに柴崎のバックアップは今回いなかった大島がいる。ここはそんなに心配なし。柴崎大車輪の活躍だったね。素晴らしかった。

 


キーパーはまあ今回はしょうがない。不在だったシュミットダニエル、権田、中村航輔とかまあまあの選手がいるので、そのなかで誰が飛び出すか。サバイバルですな。中村航輔の復活に期待!

 


まあしょうがない話なんだけど、フルメンバーで見たかったよねえ。少なくともここに長友、酒井、遠藤航の入ったチームが見たかった。大迫もいれば大納得。でも裏を返せばそれ以外は満足出来たってこと。

三好には一発屋で終わって欲しくないね。堂安が焦るような活躍をして欲しい。久保もしかり。

日本の二列目は面白い時代に入ったね。全員ゲームメイカーだった黄金世代とは違う楽しさ。みんな本山みたいな。ドリブルで抜き切ることができる人がこんなにいるなんて。時代が変わった感!

 


無事DAZNデビューも果たしましたが、やっぱりまだネット環境での観戦には慣れない。新時代に適応出来ないおじさん感を露呈。慣れていかないとねえ。これじゃおじさんじゃなくておじいちゃんだよ。

 


ご飯はまだかのう。