誰かのせい?

 

 


今日は帰ったらたおはお祭りに行くそうで。ということは新しい浴衣を着せなければいけない。嫁は今日は遅い。あのリボンのような帯はどうやってつけたら良いのか…。帰ったら検索。まあ、嫁も知らないみたいだから、お母さんがいる日なら良かった…って事態ではないけれど。お父さん頑張る。

 


昨日も夜は一輪車の練習。昨日は世界を制した女性第一人者のコーチが来てくれる日。いよいよ9月の全国大会に向けたピリッとしたモードへ。

コーチの激も飛びまくり。その激にションボリする子もいるのですが、たおは待ってました!の顔。いつももっと厳しければ良いのに…と言ってるスポ根娘です。イキイキとした顔で一輪車に乗ってました。

たおはとにかく上手くなりたいんです。勝ちたいんです。その為に怒鳴られるなんてなんとも思わない。上手くいかないことも一輪車上手くなる為なら受け入れる。

 


生きてれば上手くいかないことなんて沢山あります。それを人のせいにしてる限りその難関は超えられない。他の人に問題があることだって、自分目線で、自分発信の解決策を考えぬかなければ上手く行くはずがない。

それを、自分が上手くいかないことを人のせいにして、しかもその人達の命に手をかけるなんて…。最低最悪愚の骨頂。反吐が出る。

 


でもこんな最悪な事件でさえ自分目線で考えなきゃいけない。最近続発してる無差別殺人。これだけ続くってことは何かが上手くいってないってこと。何か出来ることは?社会のムードはこれで良いの?

 


トランプの移民議員に対する暴言を見ても、対立を煽るムード、敵を作って敵の敵は味方として仲間を作るやり方、黒か白しかないような言動、全てがこのムードと繋がる。トランプ個人の問題じゃない。あれを選んだアメリカ。世界を代表するような大国が陥ったこの現状。それは対岸の火事なのか?足元に火はないのか?

 


いよいよ無関心でいるわけにはいかなくなってきたように感じます。週末の選挙に向けて、色々考えさせられることが多い。他人事なんて言ってられない。昨日までの平穏な日常の世界にガソリンを撒かれるわけにはいかない。考える。自分で考える。誰かのせいにしない為に。