ボンジュール、メルシー、オヴォワール!〜最終日〜

 

 


今、経由地ベトナムから東京に帰る機内でこれを書いてます。

 


最終日は荷物をまとめてあとは帰るだけ。実際バスに乗ってシャルルドゴールに着くまでは順調。朝から降り出した雨も、僕らが家を出る時には小雨になり、バスに乗ってから本降りに。こりゃ最終日はラッキーだなと思ってました。

 


チェックインを済ませ搭乗。あとは飛び立つばかり。昨日はあまり眠れなかった僕ら家族は飛び立つ前から揃ってうたた寝。そしてふと目を覚ますと…なんと、まだ飛んでない…。どうやら土砂降りの雨の影響で、フライトが遅れてます。

 


さあ困った。僕らはベトナム経由で帰りますが、ベトナムでのトランジットは1時間45分。そしてパリを飛行機が飛び立ったのが1時間45分遅れ。そう、これで乗り継ぎは不可能になったということ。

 


僕ら家族の旅はいつだってハプニングが付き物です。帰りの飛行機の時間を間違えて滑り込んだ韓国、たおがノロでいきなり入院、次に僕が感染してまた入院、三泊の予定が五泊になったバリ島。今回だって鍵の受け渡しの人が現れなかったり、スリに会いそうになったり、色々ありました。でも、いつも家族でそれも乗り越えて来た。

 


また3人で気合いを入れ、ベトナムで交渉だ!と意気込んで飛行機を降りました。

が、結局はなんて事ない、ベトナムから東京の便も遅れており(待ってくれたのかな?)1時間遅れで到着するだけというエンディング。なんとも肩透かしな。まあ家に帰るまでは何があるかわかりませんが、もう無事に帰れそうな状況です。正直やっとホッとしてます。

 


旅の振り返りはまた今度。今回は本当に心に残った出来事がありました。たおの成長を垣間見て、自らの子育てに確信を持てた。そんな旅。

フランス、僕は好きになったな。お洒落がどうこうより、全く違う人達がなんとか手を取り合っているところが好き。勿論簡単じゃないし、色々デコボコしてるんでしょうけど。学ぶことは沢山ある気がする。

 


いやしかし、ハノイから東京、飛行機揺れまくりです。気流悪すぎ。もう勘弁してー。