たおの一輪車物語、第1章終了

 

 


たおの一輪車小学生全国大会は15位に終わりました。2年生でチームに入り、2年半で全国の風景が見られたのはとても良かったこと。ただそこで見えた風景は、とてもじゃないけどこのままでは追いつけない。そう思える格の違う場所でした。

 


たおも自分の精一杯の演技をしたけれど、初めて味わう緊張、初めて味わう気負う気持ち、そんなものが出て初めて落車をしてしまいました。ビデオで見ると、足をついてクルッと回る技なんですが、つく方の足が滑ってしまったみたい。いつもは失敗しないところ。普段とコンディションの違う体育館で、他にも滑る子がいたので、やりにくかったのはあるでしょう。でもやっぱり緊張があった気がします。

 


たおは他の人の演技も食い入るように見てました。帰ってきてからも録画した他の子の演技を夢中で見てます。そして自分に何が足りないのかを必死で考えてる。その為に何をするべきなのか、考えまくってます。夢中なことは伝わってくる。子供が何かに夢中になっている姿は親としてもとても誇らしい。自慢の娘だなあって素直に思います。本当に。

 


これでたおの一輪車の冒険、第1章は終わったと思ってます。ただ上を目指したい無邪気な気持ちを抱きしめる時期。そんな時期は終わって、今度は本気で上を目指すステージに入ります。

本気のたおが望むものは叶えてあげなきゃいけない。親としても負担があっても受け止める所存です。何にも夢中になれない人をたくさん見て来たから、今のたおがとても幸福な時間を過ごしてると感じてます。子供の幸福な時間は自分で掴むものであるのと同時に親が用意してあげなきゃいけないもの。たおの頑張りに親も応えなくては。

 


こんなに我が家の中で一輪車の場所が広がるとは思ってなかった。嫁とも話すことの大半は一輪車の事になって来ました。

嫁は両親が元体育教師で、スポーツ少年団も運営してるので、スポーツの何たるかは熟知してます。僕は音楽に夢中になって生きてきたので、夢中になる人間の気持ちを熟知してます。そんな僕ら夫婦2人で力を合わせれば、たおの行く道をサポートしてあげられる気がしてます。たおの応援団は強力です。

 


頑張れたお。目標は日本一。そして世界一。諦める必要なんて何もない。思う存分打ち込むべし。前だけ向いて頑張るべし。