それを誰がやるのか?〜家事分担の話〜

 

 


夫婦共働きが当たり前の時代になり、家事を専業でこなしてくれる存在は少なくなった。そうなれば家事を分担するのは当たり前。これまでの日本の家庭の風景を都合良く引きずって、女性にその負担を押し付けている男性はまだいる。でもそうはいかないことはまともな神経ならば気がついてる。でも何をやれば良いのか迷ってる。それが男性の現状。

 


家事は得意な方がやった方が良い。料理は得意な方がやるべきだ。でも洗い物に技術はいらない。洗濯だって今は洗濯機任せだ。そう考えるとほとんどの家事は分担可能だと思う。そこは夫婦の話し合い。どっちが向いてるのか話し合う。冷静に。その冷静な話し合いが夫婦円満の秘訣。

 


ただ、女性は特に掃除と洗濯の干し方について、男性に注意する時はイラっとして言わないと約束して欲しい。家事のやり方にはそれぞれのやり方がある。スタイルがある。洋服が痛むとかそういう実質的なもの以外は、このやり方はどう?と優しく提案するべきだ。

そしてその時男性は注意されると「やってやってるのに!」とか言う輩が出てくる。やってやってる?それは自分の仕事で、奥さんのためにやってあげてるわけではない。その意識は早急に、秒速で、未来永劫捨てるべきだ。それはあなたの仕事で誰かの仕事じゃない。

でも家事を教えられてこなかったおじさん達がいきなりその状態に馴染むのは難しい。なので最初に始めることを教えたい。それは…

 


「使い切ったトイレットペーパーの交換」

 


そんな簡単な!と奥様方は怒るでしょう。ちょっと待って。これは気付くべき大きな事を知るべき作業なんです。なのでとりあえず冷静に。

 


トイレットペーパーなんて誰にでも交換出来る。小学生にだって楽勝だ。でも、とりあえず自分の用事が済んだら、それをそのままにしてませんか?誰がその後替えると思ってる?自分がやらなければ誰がが必ずやってるんです。誰かにその仕事を押し付けてるんです。小学生でも出来る簡単な事を。

 


この意識を常に頭に置いておければ、大概のものは自分の仕事でもあると思えるようになります。ゴミ捨てはゴミを集める所からがゴミ捨てだし、流しのネットまで替えるのが洗い物だし、髪の毛が詰まった洗面所は気がついた人が対処すべき。面倒だなぁーと思うことに直面した時、じゃあそれを誰がやるのか考える。嫁の顔が浮かび、もし愛情があるなら、やることは一つでしょう。

 


今の子供達が大人になる時は、こんなこと当たり前になってると思う。負担も怠惰も分け合うのが夫婦であり、人生のパートナー。当たり前の話。

まあAIが進んで、家事なんてロボットがやることになってるのかもしれないけどね。未来のことはわからんけど、愛する人と暮らしていくなら必要な意識でしょう。

 


結局愛だろ、愛。ってことですよ。永瀬正敏万歳。濱マイク万歳。