中途半端

f:id:egawahiroshi:20191030093144j:image

 


昨日はミムラスと打ち合わせ。何の打ち合わせかというと、今回リリースしようと思っている曲のMVなのです。MV作るなんてメジャー以来?デビューから20年経って重い腰を上げております。

 


まあ元々ルックスで売ってる訳でも、アイドル性もカリスマ性もないので、映像にして何かプラスがあるとは思えなかったんです。イケメンと言われる事も、殊更ブサイクと言われる事もなく、中途半端な顔で48年も生きてきて。

 


でも音楽性もそうだし、自分の個性ってそのどうにも宙ぶらりんな、どこに置いても収まりの悪い感じなんじゃないか?なんて思い始めて。それを映像に収めたら、自分の音楽と相乗効果が生まれて、何か芯みたいなものが出来るのでは?と思ったわけです。

 


今朝、嫁とたおの運動神経の遺伝の話題で、お互いの運動神経はどうなのか?を話してました。

嫁は体育教師の両親から育ったとは思えない運動は苦手なタイプ。ボウリングは上手いけど。

僕はリレーは必ずアンカーの姉と兄がいるので、お前は運動音痴と言われて育ちましたが、はっきり言って真ん中よりちょい上くらい。悪くない。良くもない。小学校の時にやってたサッカーもAチーム、Bチーム、Cチームと分かれる中、Bチームのキャプテンという中途半端具合。生まれてこの方ずっと中途半端な気がする。

 


ポップ感も突き抜けることはなく、ねじれ具合も驚きを与えるほどじゃなく、激しさもショックを与えるほどじゃない。でも僕の音楽はその場所なんだという確信はある。その微妙なさじ加減の音を混ぜて、自分にしか出来ない音楽を作りたい。MVにもそんな自分を映し出せたら。

 


心から信頼するシンガーソングライターのミムラスが一緒に作ってくれます。ミムラスとの関係は全く中途半端ではないかな。もはや親族。笑

 

ジャケットはファーストアルバムです。若い。