カバーカバーヘイ

 

 


そういえばこの間のライブの事で書いてない事が。それはカバー曲。実は3曲もカバーをやりました。

 


一曲は諸事情により秘密です(笑)あの会場にいた人だけのスペシャル。

 


そしてもう一曲はクライフの「楽園」。これは前にもやりましたが、今回は田村君と一緒に。よりドリーミー感は出せたかな。

 


そしてもう一曲は大切な先輩、橋本孝志さんの率いるthe MADRASの「ルーザー」のカバー。

 


ライブでも言いましたが、公私ともにお世話になってて、ライブを止める時も、止めてからも常に励ましてくれる優しい先輩。そんな橋本さんの書く、チューインガムウィークエンド時代から続く切なさと優しさが入り混じったフラジャイルなメロディーと言葉。それを自分でも歌ってみたかったんです。しかも今回は仕掛けが。

 


コードを変えたりとかはカバーの常套手段です。原曲のイメージを損なわずに、僕の感じてるその良さをデフォルメするようなコードチェンジに変更。より切ない方向へ。

そしてさらに本当なら怒られるようなカバーの仕方なんだけど、本当は存在しない2番のAメロを追加。そこに新たに歌詞を書きました。どうしてもthe MADRASの楽曲とコラボしたかったんです。自分の曲のように感じたかった。なので世界を壊さない、そこに1ページを差し込むように歌詞を追加しました。ライブ後に謝ったら、嬉しかったよって言ってもらえました。感謝。

 


僕にとって今回のカバー三曲はどうしてもやらなきゃいけないと感じてた曲。いっちょカバーでも入れとく?という気軽なものではありません。特にこの二曲は本当に素晴らしいからみんなに知ってもらいたかったってのもあるかな。

 


今後、こんな気持ちでカバーをやる事はない気がします。もっと気軽に、歌いたいからやるって感じになるかな。ライブの予定はないけれど。笑

 


今度やるなら歌謡曲のカバーとかやりたいな。やりたい曲はいっぱいあるし。