キラキラ

 

 

 

 

たおの体調も戻り、昨日の朝はまだ出てた咳も鼻水もなし。機嫌も良くて万事好調。今日は元気良く学校へ行きました。

まあ昨日も行こうと思えば行けたんだけど、学校から電話があり、インフルエンザも多いそうで学級閉鎖の可能性も告げられ。それなら無理して行かなくて良いかとお休みにしました。まあそのおかげで絶好調。日常生活に復帰です。学級閉鎖もとりあえず無しみたい。

 


昨日の午前中は2人でグーニーズを見ました。とりあえず布団に入れてじっとさせる為に。久しぶりに見たグーニーズは昔と変わらないキラキラ感。たおが爆笑する場面も多く、なんとか最後まで見れました。

 


前にET見たり、自分が小学校時代に見た映画をたおに見せるのを楽しんでます。やっと映画のストーリーについていけるようになってきた。あとはインディジョーンズ、バックトゥザフューチャー、プロジェクトA辺りを見せるかなぁ。血が出るのはダメだからグレムリンはダメか。

 


自分の子供の頃と現代では大きく状況が違います。でも共通する友情や夢見る心、未来への不安と希望、そんな普遍的なものをあの頃の映画は真正面から描いてます。それが良いのか悪いのかはよくわからないけど、そのキラキラには今でも反応してしまう。眩しいと思いながら求めちゃう。子供時代はとにかくキラキラしてて欲しい。無垢な親の願い。

 


たおの子供時代はとりあえずキラキラして見えます。未来への不安よりも希望がべらぼうに大きく、今日が楽しくて終わらないで欲しいという気持ちと、また楽しいことがありそうな明日が早く来て欲しい気持ちのデッドヒート。今日も楽しかった!と帰って来る顔が想像できます。

 


大人には色んなことがあるし、今もゴタゴタが水面下には蠢いてます。でも親だってキラキラしていたい。子供時代とは違うキラキラってあると信じてる。その為には大人は戦わないといけない。喧嘩じゃない戦い。戦ってこそ得られるキラキラ。逃げてられないよね。子供のキラキラに負けてられん。やってやんぞと。

 


そんな風に思ってたら目的地到着。現場からは以上です。