デート

 


私達、姉妹、又は兄弟みたいな親子なんですよーというのが好きじゃない。なので、娘と父親の関係もなし崩しにしたくないとは思ってる。威厳というほど強くなくても良いけど、友達では決して無く、親でありたいと。なのにたおと2人でどこかに出掛ける時、体裁的には完全にデートだ。良くも悪くも。

 


仲が良いという意味では問題ない。楽しい会話をしながらいろんなところを巡るし、たおも本当に楽しそうだ。でも手を繋ぐのは絶対だし、たおの振る舞いは完全に彼女。嫁がいないとその割合が増している気がする。

 


昨日は家に着く前に、お父さんは永遠に死なないで欲しいと言われた。少なくとも100歳まで生きて欲しい。そしたらたおちゃん61歳!とウキウキしていた。

でもお父さんはたおにはずっと一緒にいたいと思える好きな人が出来た方が嬉しいよ、と伝えると出来るかなぁ?と考え込んでいた。いや、出来て欲しい!誰でも良いとは言わないけれど、結婚なんて体裁じゃ無くても良い。とにかく俺の負担を軽減する男が欲しい!どこにいるんだ!そんな男は!

 


保育園の時、同じクラスだったゆうき君を好きになり、お父さん的にもゆうき君が可愛くて仕方なかったから、ゆうき君が結婚相手で現れる事を夢想していた。たおさん2歳の頃。あれからお父さんを満足させる相手は現れていない。この間近所でたおと歩いてる時、たおの事が好きな男の子に遭遇した。その昭和顔の男の子は、たおに会えてとても嬉しそうだった。何度も何度も手を振っていた。お母さんの自転車の後ろに乗りながら…。四年生。もうちょっと自立心がある方が良いかも…。

 


昨日はクリスマスプレゼントを買う為、原宿デートでした。竹下通りを何度も往復して買いたいものを買い、その後お茶しつつ渋谷まで歩き、パルコ寄ってレコード見て、靴屋さん寄ってたおのスニーカー見て、ご飯食べて、お父さんのヘアカットに付き合ってデート終了。本当にたおは楽しそうでした。お父さんがヘアカットしてる間は冬休みの宿題やっていた。

 


我が子ながら良く出来た子だと思う。勉強はイマイチだし、頑固だし、甘えが酷いけれど、明るいし、顔も悪くないし、優しくて協調性もある。こんな我が子と、誰か一緒に人生を歩んでくれないだろうか?お父さんを彼氏のような位置から引き摺り落とす人が現れて欲しい。切に祈る。

 


まあたおの彼氏や夫は大変だけどね。お父さんがやってることはアベレージ、当たり前だと思ってる。これを超えないと頑張ってると思われない。ハードル上げてごめんよ、未来の夫。君と酒を飲むのを楽しみにしてる。面白い話の1つや2つ、あるんだろうな?な?