サヨナラ2019

 

 


晦日の朝です。毎日馬刺しとワインの嫁の実家、長野は安曇野。この場所で2019年を終えます。

 


今年はアンゴルモアの大魔王よろしく1999年7の月にデビューしてから20年。これは何もしないわけにはいかないなぁーとミニアルバム「SAMIDARE NIGHT」を作り発売しました。初めての配信のみってやつ。みんなに聞いてもらえて嬉しかったなぁ。自分の作品だと反応があって良いね。

 


このアルバムを作ったお陰で、自分の音楽というのは見えた気がします。ずーっと自分の居場所を探してバンドやったり、ライブやめたり、色々したんだけど、結局元の場所に戻ってきたような。デビュー時と変わらない自分。自分の強みは耳に残るフレーズと言葉。そしてどこにもはまらない異物感。これを背負って音楽作るしかないんだなぁーと再確認。第二のスタートを切れた気がします。

 


そして配信で言うと、Spotifyを始めたのは大きかった。全く音楽の聴き方が変わっちゃった。毎日新しい音楽をチェックする日々。それはとてもエキサイティングで、雑誌を読み漁って試聴しまくってた日々が舞い戻ったような。ミュージシャンへの見入りが少ないとか色々問題はあるけど、もうSpotify無しでは生きていけない体に。沢山音楽聴けたかな。

 


そしてその流れでたおがスピッツにハマったのもトピックス。毎日スピッツの音楽が流れる我が家になりました。ベスト3は「優しいあの子」「空も飛べるはず」「夢じゃない」の3曲。センス悪くないと思う。

 


たおと言えば一輪車全国大会への出場と強豪チームへの移籍もありました。たおの一輪車への本気が見えて、親としても身が引き締まる思い。しかし立川の向こう側へと行かなければがいけない練習の日々は大変!これがまだまだ続くと思うと憂鬱になります…。まあやらねばならん。目指せ世界一!

 


家族でいえばフランス旅行も大きなトピックス。スリに遭遇したり、ドタバタな毎日でしたが、家族一丸で困難を乗り越えて行く事が出来て、家族の結束はさらに強くなった気がします。フランスが遠い国じゃなくなり、念願のイギリスへの道筋も見えたかな。南野のいる間にリバプールへ行きたいなぁ。

 


そしておまけのトピックスは怪談イベントへの出演。怖い話の専門家のような人達に囲まれて、怖い話をしました。しっかり怖がってもらえて良かったかな。しかしその後、無言電話が来るようになり、最後には気の触れたような歌と貞子が画面から出てくる時のような声の留守番電話が!あれも怪談のせいなんでしょうか?録音してあるので聴きたい人は声かけて下さい。笑

 


そんな2019年ももう終わり。みなさんお世話になりました。作曲家的には何もしてないように見えますが、ちゃんと新しいプロジェクトも進んでおり、毎日の曲作りも行ってます。来年は日の目を見るかなぁ。

 


2019年はいろんな人にまた支えられて、良い年になった気がしてます。まあ最後に身内にドカンと来るニュースがありましたが(非公開)それも乗り越えていけるかな。2020年は更なる良い年に、そして今年同様うざい投稿を繰り返しますので、見たくない人は是非友達から離脱して下さい(笑)最後の挨拶が友達離脱の勧め!

 


それではみなさん良いお年を!僕はまた夜に馬刺し食べます!馬刺し万歳!