愛され力

 

 

 

 

我が家の一人娘たおさんは一輪車の為に新宿のチームから立川の向こう側の強豪チームへ移籍。そのくらい上手くなりたい気持ちが強いんですが、その結果が少しずつ出て参りました。

 


一輪車の走るスピードなども見るからに上がってますが、わかりやすいのが1分間スピンの回数。文字通り1分間に一輪車で何回回れるか。なかなか100回の壁を破れずに苦労してたのですが、遂に100回を超え、昨日は102回を記録したようです。帰ってきた時の満面の笑み。大興奮で報告してくれました。

 


また、ジャンプアップという技。前のチームではピョン立ちと呼ばれてたこの技は、一輪車に乗りながらペダルを踏み台に飛び上がり、サドルの付け根の所に着地してそのまま立ち上がって進む技。これをずーっと練習して、くるぶしを青く腫らし続けてました。それがやっと手を引っ張ってもらえる状態なら成功するように。前は1日1回くらいだったのが昨日は何回も出来たらしい。

 


昨日は小学生を教えるコーチが来てくれたのだけど、そのコーチのたおへの愛が半端ない。可愛い!の連発でたおの姿を見ては身悶えているわけです。母性ダダ漏れ状態。それはチームの先輩にも言える事で、みんなが猫か犬かのようにたおを可愛がります。

そんな姿を見ていると、きっとこの愛され力がたおの最大の力、神様から授かった物なのかもしれないと感じます。何かしたわけでもないのに、ただ可愛がられる。これは持って生まれた力。才能。人たらしの素質。

でも、その力を何に使うかが大事で。上手く使わなかったら宝の持ち腐れ。上手く自分の行く道に結びつけて欲しいなぁ。その力は誰もが持ってる物じゃないからね。

 


今日もこれから一輪車の練習。小学生の間は付き合うとしたら、あと2年か。なんとか頑張るべ。親をこんな気持ちにさせるのもたおの力かね。誰に似たのよ。本当に。