伝えたい事があるんだ

 

 

 

 

僕が沢山呟いたり、沢山投稿したりするので、もううんざりしてる人もいると思います。申し訳ないとは思うんだけど何でかやめられない。なのでSNS上の繋がりなんていつでもパツン!と切ってもらえたらと思ってます。それで恨む事も嫌いになる事もない。人間としても付き合いたくない!って言われたらちょっと悲しくはありますけど。

 


どうしてこんなに発信するのか?自分でも良くわかってなかったんだけど、最近強く思う事があります。それは、僕は、僕という人間は「伝えたい事がある」って事。

それが何なのか、はっきりさせろと言われても困るんだけど、とにかく僕の中には伝えたい何かがマグマのように溢れています。

 


昔はこんな人では無かった。歌詞を書く時にメッセージなんてないから「あいうえお」でいいんじゃないの?って思ってた人だ。それがb-flowerの八野さんのインタビューで「意味がないのなら、意味がない事が伝わる歌詞を書かないといけない」という言葉に頭をかち割られ、意味がない事を書くのに必死になった。それは必死に歌詞を書いていたって、伝えたい事がない人だったって事。尾崎みたいな時代の代弁者の役割が出来る人では無かった。メッセージロッカーとは百万光年離れた人間だった。

 


それがいつの間にか、身体中から伝えたい事が溢れまくっている。別に自分の考えが正しいから、みんなの目を覚ましたいとかそんな血迷った教祖みたいな事は思ってない。自分の思ってる事がとても重要な事かは知らない。ただ、ただ、伝えたい。声を届けたい。

 


そんなもん音楽家なんだから音楽でやれ!って言うのも至極真っ当。その通り。がしかし、がしかし。音楽で伝えられる事、物語で伝えられる事と、言葉で伝えるものとは全くの別物なんです。というか音楽なんて説明できる事を歌ったって面白くない。説明できない何かがそこにないといけない。その為にメロディーに乗せるんだから。なので音楽では音楽で伝えられる事を込めてる。

 


文章は思ってる事をそのまま書いてます。しかも喋るように。いや喋っているつもりで書いてます。頭の中にその時その時で伝えたい事が溢れまくり、その洪水の濁流に任せて文章を書き殴る。それを全方位に向けて発信する。それが今や僕の日常。

これに何の意味があるのか?もはや全くわからない。でも溢れるものがあるなら、それは吐き出さなきゃいけない。役割なのか?自慰行為なのか?目的もゴールもわからない。今日も僕の言葉は意味のない場所に溜まっていく。たまに誰かが拾っていく事はあるかもしれない。大事に抱えてくれる人がいるかもしれない。でもそれとこれはあまり関係ない。届けば嬉しいけど、吐き出さないと頭が爆発しちゃうから、何かが絡まってしまうから、僕は今日もこうして文章を書いている。音楽を作っている。

 


伝えたい事があるんだ。伝えたい事があるんだ。伝えたい事があるんだ。

 


伝えたい事があるんだ。