エイプリルフール

 

 

 

 

 今日はエイプリルフール。毎年みんなが笑ってくれるような嘘を考え、やりすぎちゃった人が怒られる日。でもこんな嘘みたいな状況で嘘をつく余裕もないよね。それでもやる人はいるんだろうけど。

 


 昨日作ったポークカツレツがとても良く出来て、とても美味しかった。たおもこれ美味しい!とモリモリ食べた。あさりの味噌汁もハマって、お父さん達が食べ終わったあさりの貝柱をしゃぶっていた。

 

 非日常が世界に散らばる時こそ、家庭内には日常を溢れさせたい。一歩外に出たら空気から違う。震災の時の放射能への怯えを思い出す。目に見えないものに対する恐怖。しかも今回は健康な人、若い人にとっては自分の事じゃなくて、誰かにその見えない刃が向かう恐怖。それを監視し合うような状況。とても重層的で難しい。

 


 だからこそ、特に子供にはこの強制的な休みが逆にスペシャルな思い出になるようにしたい。

 たおは毎日午前に一時間、午後に一時間一輪車の練習をやり(雨の日はストレッチ)、公文と学校の宿題とお母さんの買って来たドリルを(喧嘩しながら)済ませ、それ以外の時間は勉強机を部屋に向かい入れる為に部屋の片付けをしてます。毎朝スケジュールを決めて、その通りに生活してます。たまにすぐそこに住む同級生の姉妹と外で遊んだりも。とても充実してるようで、毎日ご機嫌。今朝はどんなに大きいうんちが出たかをお母さんに熱心に説明、というかそのものを見せてました(笑)何してんの(笑)

 


 お母さんとこんなにゆっくり出来ることはきっとこの先も無いと思う。この状況の早い収束を祈ると共に、日常を手離さない。そんな姿勢で我が家は暮らしてます。

 


誰かが全部嘘だぴょーん!って言ってくれたらなぁ。神様が出て来てさ。しかもそれが志村けんなの。そしたら最高なんだけど。