ホンジュノとタランティーノとポールトーマスアンダーソン

f:id:egawahiroshi:20200705201637p:image

 

 

時期を逃す事を気にしないタイプなので、流行りには乗れないタイプです。

なのでやっと見ましたよ「パラサイト」。ホンジュノ監督のアカデミー受賞作。

 

 

 

映画に詳しくはないので大した事は言えませんが、僕の大好きなポールトーマスアンダーソン監督との共通項を感じて楽しめました。それは黄金の上下動。

 

 

 

僕の好きな作品は、人生が上手くいかない人が上昇気流に乗ってうまく行き始め、絶頂で調子に乗りすぎて急降下、そして人生の底を打った後、少しだけ上向いて映画が終わります。PTA監督の作品は「パンチドランクラブ」も「マグノリア」も「ブギーナイツ」もこの流れ。「パラサイト」もこの流れに忠実で。嘘臭くない、本当のポジティブが表現出来る魔法の流れ。この上下動をポジティブ黄金律と呼びたい。それをわかってるホンジュノは信頼できる。

 

 

 

そして今日はテレビでこれまた遅く「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を見ました。これはちょっと黄金律とは違うけれど、最後にちょっとだけ上がるのは一緒。僕の中ではポジティブ映画一派。

そしてタランティーノの思わず吹き出すような最後のアナーキーな盛り上がり。これはもう本当に癖になる。たまらん。でもこれではアカデミー賞は取れない気がする。まあ取らなくて良いんだけどね。笑

 

 

 

映画を見る時間を勿体ない!と感じてしまうような生活が続いてましたが、ちょっとだけ今は小休止。一輪車が始まったらまた映画も見れないかなぁ。でもものを作る人にはインプットって大事だからね。出来るだけ映画見ないと。インプットのないクリエイターは薄っぺらいものになりがち。危機感を持って生活します。はい。