ブランク

f:id:egawahiroshi:20200713094249p:image

 

 

 

昨日は久しぶりにたおを連れて体育館へ。一輪車のチーム練習でした。まだコロナで学校の体育館は借りられないので、市民センター的な通い慣れてない、いつもより遠く感じる道のりです。拝島からさらに乗り換えるロング&ワインディングロード!

 

 

 

久しぶりの練習は、やっぱりコロナで体育館練習出来なかった長さを感じます。道路で練習したことを体育館で発揮するのは難しい。技の成功率も、走るスピード、スピンのスピードもみんな落ちてる。頑張って練習してた人でもそうなので、やってなかった人は一目瞭然。

 

 

 

ただやったことは無駄になってないのも感じます。多分体育館の感覚を思い出して、何かがカチッとハマった時、成長のスピードはやってた人ほど上がるんじゃないかな。何というか、そんな日の出の光みたいなものは感じます。

 

 

 

いつでも順風満帆な人生なんてない。ブランクというかスランプというか、空白の時は絶対に訪れる。そんな時に何をしたか。立ち止まってじっくり考えるでも良い、がむしゃらに打ち込むでも良い、途方に暮れて思考停止にならなければ、何かはその間に芽生えているんじゃないかと思います。でも芽なんで、その後に水をあげないと枯れちゃいますが。

 

 

 

僕はどんな時でも曲を作ってたなぁ。どんな状況でも。マスオさんしてた時も屋根裏部屋で作ってたし、レコード会社と契約が切れても、サラリーマンになっても、友達が亡くなっても、曲作りは止まらなかった。だから今があるんだと思う。まあもっと頑張ってればさらに状況は違うんでしょうが。苦笑

 

 

 

ブランクの日々は何かを産む可能性を秘めてる。そうでも思わないとやってられないしね。そういう事にしておこう。うん。それでいい。