やればやるほど上手くなる

 

f:id:egawahiroshi:20201102093721p:image

 

 

色々例外があるのは承知してますが、何事もやればやるほど上手くなるもんなんだなぁーと最近思います。才能の問題もあるとは思いますが、そんな才能の有無が問題となる高みって物凄い場所で。その場所まで行く努力もしてない人の言い訳なんじゃないかな。努力の尺度の違いもそりゃあるでしょうけど。

 

 

 

結婚したくらいから料理を始め、今では冷蔵庫にあるものを見れば何かしらの美味しいものが作れるようになりました。そこに至るには沢山のトライ&エラーがあり。その一つ一つが美味しさに刷り込まれてる。毎年毎年レベルアップしてると感じてます。

 

 

 

音楽についてもそうで、沢山曲を作れば曲作りも上手くなる。メロディーの細かい機微に気づけるかどうかが重要で、その感覚は沢山曲を作る事で磨かれる。四六時中曲の事を考えてりゃ、上手くならない方がおかしいとも思う。どんだけ時間使ってんだよって。

 

 

 

サウンドを作る作業、打ち込みやサウンドアレンジも同様で、やればやるほど上手くなる。才能があれば最短距離で良いものを作れるようにはなるんでしょうけど、才能なんてなくても作ってれば上手くなる。悩む前に作る。才能の事を考える暇がないくらい作る。

 

 

 

もう本当に何でもそう。よく喋りも褒めてもらえますが、これだって沢山喋って身につけたもの。昔はぼーっとして回転の早い方じゃなかったのが、今じゃ臨機応変ペラペラ喋れる。メジャーデビューして、喋らなきゃいけない環境に置かれた結果。勉強だってスポーツだって営業だって店選びだって夜の営みだって、みんなみんなやればやるほど上手くなる。悩む前にやる。とにかくやる。あ、勿論合法な範囲で。笑

 

 

 

そこで問題になるのは努力する才能ってやつですね。でも夢中になれば頑張ってるつもりもなくやるんですよ。夢中になれるかどうか。夢中になれないものを追いかけてるのって何で?やらなければいけないものならわかるけど、自分で選べるのに夢中になってもないものを頑張るのは良くわからない。何に拘ってるんだろう?プライド?意地?

 

 

 

夢中になれてるものなら必ず上手くなります。まず夢中になってるのかを自問自答する。これがコツかな。夢中になってたら簡単。あとは飛ぶだけ。高く。強く。目一杯。バードメンのように。