2020年ベストシングル

f:id:egawahiroshi:20210106180112j:image

 

 

 

いつもSpotifyでシングルをチェックして気になるものは新曲プレイリストに追加してます。その中で本当に気に入ったものだけ殿堂入りというプレイリストへ。そのプレイリストの中から今回ベストシングルを選出。ベストアルバムに選んだ人は除外で。アルバムに入ってる曲だったりするし。

 

 

 

■deep sea diver「stop pretending」

■1975「if you're too shy(let me know)」

SEKAI NO OWARI「umbrella」

■YOASOBI「群青」

BTS「dynamite」

■filous,thb kooks「hey love」

■yungblud 「cotton candy」

■ psymon spine,barrie「milk」

■ kirin j callinan「you are going to miss me」

 

 

 

ディープシーダイヴァーはシアトルのバンドなのに、ビートUK感溢れるギターサウンドとメロディーが特徴。でもリズムにアメリカのバンドらしい大らかさがあって良い塩梅。アルバムも良かった。

 

 

 

1975は完全に80'sですね。ルール・ザ・ワールドとかあのくらいのポップ。もう抗えない。この人達あんまり興味なかったんだけど、この一曲で俄然注目のバンドに。アルバムはとっ散らかってましたけどね。シングルバンドな気がする。

 

 

 

世界の終わりって音楽的には嫌いじゃないんだけど、あの心病んでました感が苦手で。でもこの曲はカメリアダイアモンドというか、歌謡サスペンスというか、あの頃のニューミュージック感ど真ん中で射抜かれました。やっぱりメロディーがとにかく書けるのと、声が良いのよ。それは否定できないと思うな。

 

 

 

そして恐らく2020年で1番聴かれたYOASOBI。「夜を駆ける」も良かったんだけど、あれはまぐれなのか?って疑念があって。でもこれ聴いて、あー本当に曲が書ける人なんだと納得。ボカロPの嫌な所(不自然な音階)は見事に薄まり、良い所(リズムが強くて自由な所)は伸び伸びと。声との出会いだね。出会いって大事だわ。合唱は使い古されてるけど、これを上手く使うのって難しいんだよ。

 

 

 

そして我が家でもかかりまくったBTS。たおが気に入ったのもあるけど、これは良く出来てる。ブルーノ・マーズ印のソウルポップで、新しさはないんだけど、この心地良さは永遠だと思います。三浦大知君にこんな曲を歌わせてみたいもんだ。

 

 

 

次は古き良き英国ポップを守るバンド、クークスがオーストリアのプロデューサー、フィロウズと組んだポップソング。緩くて、なんて事ない曲なんだけど、このムズムズするような甘酸っぱさは癖になります。

 

 

 

これも緩いポップなんだけど、ベースが強調されたアレンジとか、スネアがバシってくる感じは今の音。良い曲をなんとなく派手な人に歌わせた、モータウンのヒット工場的な匂いも。大人の手を感じます。

 

 

 

psymon spineは読み方もわからないくらい知らない、ブルックリンのバンド。barrieという女性ボーカルを迎えたと言われても、どんなバンドかもわからんからなあ。シンセを強調したバンドサウンド。シンプルなサウンドながらよく整理されてて感心。こんなポップ作りたい。これも緩いな(苦笑)

 

 

 

最後はキリン・ジェイ・カリナンというオーストラリア人。これはポールヤングのエブリタイムユーゴーアウェイを感じさせてツボにはまりました。

 

 

 

2020年の俺は完全に80'sだったという事が聞き直してわかりました。D4DJ仕事でずっとシンセの事を考えてた影響ですかね。まあルーツなんで、そりゃしょうがないか。

 

 

 

他にも沢山良い曲はあったねえ。Spotifyで新しい音楽探ってると、あっという間に時間が過ぎますよ。今年もそうやって俺の人生は過ぎていき、そのまま老いて死ぬのだと。そんな事を感じております。最近。そしてそれで良いかと。音楽人生。