親が与える器

f:id:egawahiroshi:20210309091002j:image

 

 

 

嫁と離婚する夢を見たのでその話をたおにすると、途端に泣きそうになるので慌てて話題を変える。感受性強すぎるだろ。夢の話だ。

 

 

 

Facebookの振り返りで昔からの事が出てくるので、よくたおに何歳ではこうだったと話してあげます。5歳では「人生サイコー!」と叫んでいたと言うと「だろうね」と言うし、初めての、そして最後のおねしょをした3歳の時、ほぼブランケットとお父さんの袖で吸収してシーツを全く濡らさなかった話には大爆笑してました。

現時点で自分が愛されている事に何の疑いも無いし、自信たっぷりだけど、更に過去に振り返っても自分が愛されて来たエピソードが満載。これで自己肯定感が薄かったらどうかしてる。たおには揺るぎない自己肯定感が備わっております。

 

 

 

あとはそんな自分のイメージに追いつくべく努力するだけ。ここからは自分の仕事だからね。自分が持たされた器に夢や希望を注いでいく。でも自分で器を大きくするのは難しい。そのためには器を取り替えなきゃいけないし、器を一回手放さなきゃいけない。その時には器がない状態になる。それはとても危ない状態だと思う。

 

 

 

親が出来るのは夢を見る事が出来るくらいの自己肯定感、夢を注げるくらいの大きさの器を持たせてあげる事だと思ってます。最初から小さな場所に押し込む様な事ばかり子供に投げかけてる人がたまにいますが、その無駄な謙遜は子供の心に穴を開けます。そこから大事なものがこぼれ落ちてしまう。日本人は謙遜を美徳とする人種だから、それはある程度しょうがないんだろうけど、子供に対しては少しそこをはみ出す意識を持った方が良いと思う。どんなものでも最初は根拠のない自信から始まる。その根拠のない自信の根拠は、自己肯定感しかない。

 

 

 

もうすぐ6年生。ここからの自信は親が出て行ける領域じゃない。自分で掴むしかない。頑張れ最上級生。たおは最上級生の自覚たっぷりで、仕切る気も満々みたい。小学生生活の総仕上げ、楽しみだな。与えた器は異常にデカいぞ。笑