音楽と営業

f:id:egawahiroshi:20210414163455j:image

 

 

 

日々色んな仕事が舞い込むわけですが、仕事が来る来ないは1に実力、2に繋がり、または営業力です。これが1と2が逆じゃない?って思う人はいると思いますが、それはまあちょっと違う。

 

 

 

同じ実力、というかある程度の実力、基準を超えた世界では、どの人に頼んでもある程度の結果が見えるわけで、その場合は逆もありえる。でもそこは発注元が求めてる方向により発注先が選択されるわけで、その人のカラー、個性の需要の問題の方が強い。でもその前にその基準というやつを超えてなきゃいけない。越えてないと選択肢にも入らない。だからまず実力。それは前提。それをちゃんと見てないで、どうせコネだろう!ってグダグダ言う人がいますが、営業力の話はその後なのですよ。

 

 

 

そして、やっと営業力の話。音楽に営業なんてあるの?って思うけど、意外にある。だってそんな世界とは関係ない!と言いそうなバンドマンの世界だって、実は打ち上げに良く出てる人が良いイベントに誘われたりする。バンドの中でもそんな関係作りの担当とかがいたりする。

 

 

 

作家の話になると、前に言われたのは、曲を選ぶ人達がよく集まる界隈があって、そこに飲みに行って関係を作り、そこで名前を覚えて貰うとコンペに通りやすくなるよ、なんて話。本当かい!と思ったけど、ありえない話ではない。でもそれも良い曲じゃなきゃ通らないからね。並んだ時に効果を発揮するだけの話。ただコンペなんて僅差の連続だろうから、意外にその効果は侮れないのかも。

 

 

 

その話を聞いてから、嫁にはよく「六本木にでも飲みに行けば?あなたは飲みの場で良く気に入られるんだから」なんて言われるんだけど、六本木苦手だしなぁーなんて尻込みしてしまう。どこにいけば良いのかもわからないし。

なので僕がやってる仕事のほとんどは繋がり全く関係無しのガチガチのコンペです。それ以外にはメジャーデビューした時の繋がり、あとは作家の中村航さんとかその辺りの繋がりから。と言っても今お世話になってる作家事務所もメジャーデビューした時の繋がりからだから、結局コンペ仕事も繋がりからになるのか。メジャーデビューってのはやっぱり大きかったんだなぁーって最近思います。

 

 

 

営業力。あるに越した事ないけどなかなか難しいよね。なんで実力を磨く方に僕は力を注いでます。でもどっかに飲みに行けば仕事貰えますよーなんていう幻のような情報があったらこっそり教えて欲しい。エルドラドを目指して、僕は旅に出ますよ。きっとまた尻込みするんだろうけど。

 

 

 

いやしかし一回コンペの現場とか見てみたいよね。どんな感じなんだろう?透明人間になって見てみたい。