仮面

 

f:id:egawahiroshi:20210420203336j:image

 

 

たおには他の人よりも難しい話を良くしてます。もっと小さい時から難し目な話をざっくばらんにしてきました。戦争の話、人権の話、LGBT文化大革命アメリカの建国、脳科学などもう話題は沢山。たまにそんな難しい話今聞きたくない!って言われる時もありますが、なんとなくたおは聞いて納得してます。

 

 

 

たおは新学期が始まって、新しい先生もやって来ました。小さい学校で大切に育てられて来た分、今までの先生とは仲がとても良く、学校はうまく運営されてました。いなくなってしまった先生を寂しく思う子が多数。そんな中で来た新しい先生(他学年の担任)にはちょっと違和感があるようで。

 

 

 

まあファーストコンタクトが上手くいかなかったみたいなんですが、それについて、担任の先生が絶妙なアドバイスをくれて。

 

 

 

人間は色んな人がいるから、その都度態度を変えなきゃいけない所がある。それは大人になれば必ずある事で。だからその練習の為にも、新しい先生にも、その先生に合わせた態度で接してみたら?頭ごなしにキライとか言わないで。

 

 

 

担任の先生はたお達を大人に扱って、そんな話をしてくれたようです。僕はこの話をとても良いなぁーと思って聞いてました。人によって態度を変えるって悪い事のように聞こえてしまうかもしれないけど、人間はその都度仮面を被るんですよ。そしてそれは偽りの自分ではなくて、どの仮面も結局は自分で。その集合体が本当の自分である。しかもその仮面は優しさや真心のようなもので出来ている。僕はそんな風に考えてるので、先生の考えに共感しました。

 

 

 

たおは担任の先生の事を「たまにお父さんみたいな話するんだよねえ」と言ってました。なんとなく我が家の教育とリンクする担任の先生。安心して学校に預けられる。本当に良い先生だなと思ってます。たおはラッキーだ。