何もない父の日

f:id:egawahiroshi:20210621113117j:image

 

 

 

そういえば昨日は父の日だった。子持ちの友達がそれぞれ子供に貰ったプレゼントをSNSにアップしていた。ほのぼのする風景。あぁ、もうみんな大きくなったんだなぁ。あんな小さかった子供達が。そしてそれを見ると、あんな日常生活をしっかり送るなんて難しそうな人達が、なんだかんだでちゃんと父親をしている事が不思議でしょうがない。でも子供は大人を育てるから、みんな育てられたんだろうな。勿論自分も含めて。

 

 

 

たおは昨日一輪車の二部練習の帰り、電車が止まる騒ぎにも巻き込まれ、疲れた顔で帰って来た。でも最初に言った言葉は「父の日なのに何もあげられなくてごめんね」だった。我が家はプレゼントだの記念日だのは殆ど気にしないので、そんな事、気にする必要ないのに。たおが元気でいる事が一番のプレゼントだよと伝えると「父の日なのに最低のパパの夢で目覚めたしね!でも夢で本当に良かった!」と満面の笑顔で言った。昨日の朝、たおは泣きながら目覚めた。お父さんがたおのことを忘れる、記憶喪失になるという夢。そんな夢を父の日に見るなんて。まあお父さんの大切さを再確認出来たという事で、それを父の日のプレゼントとしよう。用意したくても出来ないプレゼントだしね。これはスペシャルだ。

 

 

 

僕はちゃんと父親出来てるんだろうか?毎日自問自答します。そして毎日歌って踊って楽しそうなたおを見て、合格を貰ったような気持ちになってます。子供が幸せな顔してたらそれで良いんだよね。本当に。でも子供に自分の人生の意味を背負わせちゃいけない。子供の笑顔は義務であって、それで終わりではない。自分の事は自分で。自分の人生は自分で輝かせないと。それは子供の仕事じゃないからね。

 

 

 

そして今日も自分の為に音楽を作るわけです。明日も。明後日も。