くたばれJ-POP

f:id:egawahiroshi:20210914103035j:image

f:id:egawahiroshi:20210914103043j:image

 

 

 

最近の日本の音楽は川谷絵音以降というか、米津玄師以降というかの流れで、所謂メロメロなJ-POPからどの程度距離を置くかがセンスとされてる気がします。ヒットチャートと同期するにはトラップビートだろうが、ウォブルベースだろうが、そこにJ-POPに少しでも引っかかるくらいのメロディーが必要で、その塩梅にセンスが表れると。まあそれは間違いない。

 

 

 

そんな中、真正面からJ-POP!と思うような曲がSpotifyから聴こえてきて、お?っとなった。それはVaundyの「花占い」という曲。これが本当にJ-POPと向き合ってる気がして、なんか頼もしく思えたんだよねえ。スキマスイッチの「全力少年」以来くらいの久しぶりなド真正面ぶり。本人そう言われて嫌かもしれないけど。笑

 

 

 

基本J-POPというのは音楽マニアには嘲笑されがちで、自分も音階マニアなのでまあわからなくもない。淘汰されるべき、タニザワトモフミ君が「くたばれJ-POP」と歌いたくなるような音楽も沢山ある。でもそれはJ-POPが悪いわけではない。それは適当に作ってる人がいるだけの話で(自戒を込めつつ)。日本っぽさ、歌謡曲みたいなものは世界的にも珍しいもので、それは上手く取り入れるべきだし、それはJ-POPの中に多分に含まれている。ある意味宝の山。それを素通りするのはただの音楽マニアに思われたい人だよね。

 

 

 

音楽は人それぞれだから、誰かと同じものを聞く必要はない。でも最大公約数のメロディーや声というのはあると思う。音楽は音を楽しんで、それを伝える表現だから、伝えるためにその最大公約数の事はやっぱり頭に入れておきたい。頭でっかちな、流行りのコードやリズムに囚われた音楽ってのはやっぱりつまらない。そこにも目を向けつつ、普遍に向かう。これぞ音楽。そしてそれはJ-POPもそうなんだと思います。

 

 

 

くたばれJ-POP!というJ-POPへの応援歌。さあ、また音楽作ろうっと。