日記的な

f:id:egawahiroshi:20210930112049j:image

 

 

 

久しぶりに締め切りが何も無くなった。ぽっかり時間が空いたので映画、サマーソウルを見に行きたかったんだけど、今日は夜にたおの一輪車付き添いがあり、そうなると映画見た後にレコード漁れない…。音楽映画見た後にレコード漁れないなんて、そんなのは俺の歩む人生ではない。なので今日は大人しく家で細々と過ごしている。まあブロッコリー茹でたり、ほうれん草のお浸し作ったり、常備菜作りに精を出す。

 

 

 

午前中は磔磔のドキュメンタリーを見た。コロナで苦しみながらもサバイバルするライブハウスの姿。今の店長の泣き言を言うでもなく、淡々と目の前の事に対処していく姿が実に京都だなぁーって感じた。慌ててどうしますの?と問いかけてくるような、しっかり地に足のついた感じ。京の都はやはり一味違う。埼玉の人はそう思います。

 

 

 

新しい総理は岸田さんですね。現状維持なんだろうし、今は冒険できないって判断ですかね?冒険のタイミングって難しいよね。正解はわからない。歴史が示すだけ。別に自民党支持者じゃ無いし、右でも左でも無いけど、自民党が安倍さん以降、あまりに右傾化していくのは嫌だなあ思ってます。バランス取るのが政治でしょ?って。

しかし今回本当にどちらサイドの人も自分の周りの意見しか聞いてない、エコーチェンバー現象ってあるんだなぁーって実感。自分には全くそう見えてない事が当然のように語られる。反ワクチンもそうだけど、どっちかといえば善意の思い込みだから怖いよね。出来るかわかんないけど、自分は冷静ではいたいな。出来るだけ。

 

 

 

明日から緊急事態宣言明け。街中大騒ぎなのか?そこは落ち着いた日本人の姿を見せるのか?どうなるんだろうね。粛々と、自分のできる範囲で感染対策。人にはそれぞれ事情がある事も忘れずに。人に優しく。自分の考えが全てでは無いことも頭に入れて。そんな風に思う平日の昼下がり。

 

 

 

何もない日のただの日記。